見出し

見出し

本文へスキップ

チャットGPT(ChatGPT)使い方

チャットGPT関連 NEWS(2024/2/1~)

AI関連のニュースには目を離せません。最新のニュースをお届けします。

 チャットGPT関連 NEWS (~2023/7/14) (7/15~7/31) (8/1~8/15) (8/16~8/31)
  (9/1~9/14) (9/15~11/15) (11/16~12/31) (2024/1/1~1/31) (2024/2/1~)

チャットGPT関連 NEWS

ソフトバンクが「生成AI検索エンジン」と提携。ワイモバでもLINEMOでも1年無料に (2024/6/18:BUSINESS INSIDER)

 例えば、「東京タワーエッフェル塔の類似点は何ですか?」といった質問を入力すると、パープレキシティはウェブ上の関連情報を収集・分析。「両者ともに鉄塔であり、東京タワーはエッフェル塔をモデルとしている。高さは東京タワーが333m、エッフェル塔が330mで、ほぼ同じ高さを持つ」といった回答を提示する。単なる情報源へのリンク一覧ではなく、ダイレクトに回答を提供することで、ユーザーは手間をかけずに欲しい情報を得られる。また、回答に情報源を明示することで、内容の信頼性も担保しているという。

日本MS、「Copilot+ PC」版「Surface」を18日に発売--第11世代「Pro」、第7世代「Laptop」 (2024/6/18:CNET Japan)

 Copilot+ PCは、マイクロソフトが5月に発表したAI向けPCの新カテゴリー。マイクロソフトはCopilot+ PCを、直近10年のWindowsプラットフォームにおける最も大きな変化と表現している。

「Copilot+ PC」はコンピューティングそのものを全く新しいものにする~日本マイクロソフト、AI PC普及に意欲 (2024/6/18:窓の杜)

 「Copilot+ PC」は、Microsoftが“これまでで最も高速でインテリジェントなWindows PC”と謳う、新しいPCクラス。端末上で直接AIを実行できることから“次世代AI PC”とも称される。

「人vsデータ」の仕事は激変するかもしれない。落合陽一が考える生成AIに代替「される仕事」と「しづらい仕事」 (2024/6/18:FNNプライムオンレイン)

 最も生成AIによって置き換えられやすいのは「人 vs データ」の仕事だと僕は考えます。たとえば、生成AIはコードを書いたり、プログラミングを組んだりするのが得意ですまさにそれらを生業とするソフトウェアエンジニアが日本には大勢いますが、こうした仕事は、生成AIに置き換えられる可能性が高い。

ChatGPTを外国語の翻訳にだけ使うのはもったいない もっと役立たせる4つのアプローチ (2024/6/12:ITmedia Mobile)

 使い方を工夫すれば、強力な翻訳ツールになるはずだ。本記事では、英文をChatGPTで扱う上での具体的な活用方法について、4つのアプローチを紹介したい。なお、検証には無料プランでも利用できる「ChatGPT 3.5」を使用している。

“後出し”の生成AI「Apple Intelligence」がAppleの製品力を高める理由 (2024/6/12:ITmedia PCUSER)

 生成AIの世界においてOpenAI、Microsoft、Googleが覇権を争う中、Appleはこのジャンルにおける開発成果を“一切”披露しては来なかった。しかし一方で、AppleはAI関連のデータ共有プラットフォーム「Hugging Face」を通して言語モデル「OpenELM」を公開するなど、オープンソースコミュニティーではむしろ生成AIに積極的な姿勢も見せている。

日立、ITサービスや生成AIをはじめとしたデジタル戦略を説明――「成長へのモードチェンジが進展している」 (2024/6/12:クラウド Watch)

 生成AIの技術により、顧客の効率性や創造性、生産性を高め、ビジネスを加速できる。特に、コンテンツ制作、ソフトウェア開発、VRの適用によるデジタルツイン構築支援、ナレッジマネジメントの4つの領域にフォーカスし、オフィスワーカーとフロントラインワーカーの生産性向上とビジネス変革を目指す。

iPhoneに「チャットGPT」組み込み 米アップル社 今年後半から (2024/6/11:毎日新聞)

 自社で独自開発した生成AIシステム「アップルインテリジェンス」も発表し、マイクロソフト(MS)やグーグルなどに後れをとっていたAI戦略で巻き返しを図る。

AIは「想像超える技術革新生む可能性」…24年版の科学技術白書、生成AI執筆のコラムも掲載 (2024/6/11:讀賣新聞)

 白書では、23~28年の国内のAI市場が年平均30%の成長率で推移するとの調査結果を紹介。新材料の研究から家事用ロボットの開発まで、AIが幅広く使われている事例を取り上げた。

生成AIを使って高速で完了できる「5つのタスク」 (2024/6/10:Forbes)

 新しいテキストや画像などのコンテンツを作成するために使用できる人気の高いツールは既に複数ある。たとえば、ChatGPT、Claude3(クロード3)、Gemini(ジェミニ)、Perplexity AI(パープレキシティAI)、Microsoft Copilot(コパイロット)、Midjourney(ミッドジャーニー)、Dall-E3などの名が挙げられる。これらは、営業・マーケティング、オペレーション、財務、事業開発などの経営レベルの機能など、中小企業のさまざまな分野で活用できる。

「これAIなの?」「かわいい」しまむら、生成AIモデル・瑠菜に反響 スキャンダルがないメリットも?(2024/6/8:Real Sound)

 AIモデルは人間のモデルとは異なり、スケジュール調整や撮影に時間がかからない点がメリットとして挙げられている。AIモデルを扱うAI model株式会社のホームページを見ると、モデル撮影のコストを最大70%削減できるとあり、メリットが強調されている。

Copilot+ PC対応を巡る、CPU大手3社の三つ巴 (2024/6/7:PC Watch)

 AMD、Intel、NVIDIA、QualcommによるCOMPUTEX 2024の基調講演は、データセンターでのAIにフォーカスを当てたNVIDIAは別にすれば、AMD、Intel、Qualcomm3社ともにAI PCやCopilot+ PCがメインだ。QualcommにArm ISAのアーキテクチャライセンスを供給しているArmも、話題の中心はArm版Windowsだった。

自社の製品画像を学習した生成AI環境構築 おもちゃのデザイン案、100倍に拡大 セガサミー (2024/6/7:ITmedia NEWS)

 セガサミーホールディングスは、自社の製品画像を学習した画像生成AI環境を構築し、特定の商品デザインに生かす実証実験で、デザイン案の件数を、従来の100倍に増やすことができたと発表した。また、同製品に関するアンケートで、自由記入欄に寄せられた大量の意見について、背景にある感情まで生成AIが抽出・分類し、製品改善案の提案を行うシステムも構築。アンケート分析業務が約80%の効率化したという。

AIによる自動化は新たな段階へ--ソフトウェア開発サイクル全体の効率化に期待 (2024/6/7:ZDNET)

 人工知能(AI)は、DevOpsの取り組みをフラジャイル(脆弱)からアジャイル(俊敏)へと変える助けになるだろうか。AIはソフトウェアのコード生成だけでなく、それに伴うすべての作業、たとえば仕様策定、文書化、テスト、展開などを大幅に加速する可能性がある、との見方が業界全体に広がっている。

日本マイクロソフト、「Copilot」の社内活用を披露--広まる“BYOAI” (2024/6/7:ZDNET)

 同社 業務執行役員 モダンワークビジネス本部 本部長の山田恭平氏はAIについて「AIの筋トレがとても重要。AIは意識せずに使えるインフラではなく、既にスキルに分類されている。仕事に役に立つプロンプトもほかの人が同様に役立つとは限らない。だからこそAIスキルを磨くため、(Copilot for Microsoft 365を)使えば使うほど、組織の変化を感じられる」と述べた。

グーグルの生成AIサービス「NotebookLM」が日本でも一般公開、調査と制作を助けてくれるAIパートナー (2024/6/6:ケータイ Watch)

 米国では昨年、利用できるようになっていたが、今回、グーグルの生成AIモデルのひとつ「Gemini 1.5 Pro」を取り入れた「NotebookLM」が、日本を含む世界200以上の国と地域で、日本語を含む35以上の言語で利用できるようになる。今後は100以上の言語がサポートされる予定。

日本でも急速に進むAI活用、スムーズな導入が競争力の鍵。マイクロソフトの活用事例も (2024/6/6:PC Watch)

 AIのビジネスにおける活用はこの半年で急速に広まっており、調査によると職場でAIを活用している社員のうち46%が直近半年以内で使用し始めたという。職場でのAI利用率は世界平均で75%だが、日本では言語の壁や生成AIサービスの成熟度などが影響し、32%と未だに低い状況にある。

Yahoo!検索、AIで検索結果上の商品レビューを要約 良い点・悪い点を抽出 (2024/6/6:Impress Watch)

 これまで、商品レビューに関しては「Yahoo!ショッピング」に投稿されている該当商品の各レビューを一覧で表示していた。AI要約機能では、生成AIがYahoo!ショッピングに投稿されている商品のレビューからユーザーに評価された「良い点」と「悪い点」を抽出し、それぞれの要約を最大5件ずつ表示する。

「こんな使い方が!?」 ChatGPTに“スーパーのチラシ”を読ませる→毎日の献立を考えてもらう 日常でAIを活用するライフハックが話題 (2024/6/4:ねとらぼ)

 「chatgpt4oに近所のスーパーの電子チラシを読ませて1番安く仕上がる献立を作らせてみた」と、無課金ユーザーも使える最新モデル「GPT-4o(GPT-4Omni)」に献立を考えてもらった結果を共有しています。「可能な限り安く済ませて欲しい」「男性1人、女性1人、幼児1人分作って欲しい」「可能な限り統一感(和食、中華といった)が欲しい」「レシピの試算金額を出して欲しい」「主食は家に在庫あり」など具体的な条件を指定しました。

日立とマイクロソフト、生成AIを活用した社会イノベーションの加速に向け3年間で数十億ドル規模の協業を発表 (2024/6/4:クラウド Watch)

 提携により、両社は「日立の全社トランスフォーメーションの推進」「革新的なデジタルソリューションの開発」「サステナブルな成長をめざした共同プロジェクトの開始」「デジタル人財育成の強化」の4分野において取り組みを進める。

“AI生成映画”ついに映画祭に登場 OpenAI「Sora」使用 (2024/6/4:ASCII)

 現地時間6月5日から16日まで、ニューヨークで開催される「トライベッカ映画祭」において、OpenAIの動画生成AIモデル「Sora」を使って制作された短編映画が上映されることがわかった。

「ChatGPT最新版」と「Claude3」を使い比べ、どちらを使うべきか忖度なく比較!(2024/6/2:DIAMOND online)

 ChatGPTとClaude 3はどちらも無料プランを用意しているが、上位のAIモデルを利用できないという制限がある。有料プランの価格は、「ChatGPT Plus」と「Claude 3 Pro」が月額20ドル(約3144円)、「ChatGPT for teams」と「Claude 3 Team」が月額30ドル(約4716円)となる。

コタツ記事は生成AIに滅ぼされ、生成AIにより量産されるだろう【調査情報デジタル(2024/6/1:TBS NEWS DIG)

 コタツ記事は、いまやスポーツ紙や芸能誌のデジタル版のメシの種らしい。その名の通り、コタツに入ったままでテレビで見たことをそのまま書けばできてしまう、レベルの低い記事だ。

「どの生成AIに課金すべき?」を見極めるためにAI検索サービスに課金するという方法 (2024/6/1:ITmedia NEWS)

 今年前半の生成AI各社のアップデートが一通り出そろいました。米OpenAIの「GPT-4o」、米Googleの「Gemini Ultra」。そして、少し前の3月にアップデートされていた米Anthropicの「Claude3 Opus」が、今の生成AIの“御三家”といったところでしょうか。

「教育用ChatGPT」登場 企業向けより安く提供 (2024/5/31:ASCII)

 OpenAIは5月30日(現地時間)、大学向けに設計された「ChatGPT Edu」を発表した。同社の最新LLM「GPT-4o」をベースにテキストと画像を処理、データ分析などの高度なツールも利用可能にも関わらず、教育機関にとって手頃な価格設定となっている。

Yahoo!知恵袋のAI回答機能にClaude 3も追加 (2024/5/31:PC Watch)

 Yahoo!知恵袋では、生成AIがユーザーの質問に答えるAI回答機能を2023年11月から提供しており、現在457カテゴリの質問で利用可能となっている。AIモデルにはこれまでOpenAIのGPT-4が用いられていたが、今回新たにClaude 3が加わることになり、今後はGPT-4、Claude 3の両方から回答が得られるようになる。

AIが返信内容を考えてくれるWindowsの機能、Androidにも対応 (2024/5/31:窓の杜)

 Microsoftは5月30日(現地時間)、「スマートフォン連携」(Phone Link)のアップデートを発表した。メッセージへ返信する際、AIがインテリジェントにその内容を提案してくれる「Suggested Replies」機能が、Android向けに提供される。

生成AI悪用しウイルス作成、警視庁が25歳の男を容疑で逮捕…設計情報を回答させたか (2024/5/29:讀賣新聞)

 複数の対話型生成AIに指示を出してウイルスの設計情報を回答させ、組み合わせて作成したという。生成AIを使ったウイルス作成の摘発は全国初とみられる。

「AIと一緒に転職」 AIが人生のパートナーに アクセンチュアが調査報告 (2024/5/28:電波新聞)

 全ての人がAI(人工知能)エージェントを持ち、人生のパートナーとして育て、共に成長していく――。コンサルティング世界大手のアクセンチュアは、世界の生成AIの技術動向をまとめた最新調査レポートで、こんな近未来像を提示した。人の意図や好みを理解したAI同士が、人間に代わってコミュニケーションやビジネスを進める新たな世界が始まり、「企業は顧客との向き合い方を根本から変える必要がある」と指摘する。

OutlookでAIアシスタント「Copilot」を使うと丁寧なメールを書くのが楽になる (2024/5/28:ASCII)

 OutlookでもCopilot for Microsoft 365を利用できる。新規メールを作成する「メッセージ」タブを開くと、「Copilot」アイコンが表示される。アイコンをクリックすると、「Copilotを使って下書き」と「Copilotによるコーチング」という2つのメニューが表示される。

生成AI、人間の仕事を奪う以上に増やす可能性も--米国の大学教授が指摘 (2024/5/27:ZDNET)

 先ごろ開催されたマサチューセッツ工科大学(MIT)のイベントで講演したペンシルベニア大学ウォートン・スクールの経営学教授Peter Cappelli氏の言葉だ。生成AIとLLMは、トータルで考えると、業務を軽減するよりも多くの仕事を人々にもたらすかもしれない。LLMの実装は複雑で、「生成AIにやらせることもできるが実際にはそこまでする必要のない作業が数多くあると分かっている」と同氏は述べている。

AIがデスクトップ上のすべてを説明してくれる「Be My Eyes for Windows」が公開 (2024/5/27:窓の杜)

 「Be My Eyes for Windows」では、AIとの自然言語による会話でデスクトップ上のグラフィックを解説可能。アプリケーションのユーザーインターフェイスやWebページのレイアウトを解説できるほか、ローカルの画像をアプリにアップロードして解説したり、Web上の画像も解説できる。

グーグル、プロも驚く音楽生成AI「Music AI Sandbox」を開発 (2024/5/26:ASCII)

 グーグルは5月14日(米国時間)に開催した開発者向けイベント“Google I/O”で、音楽生成AI「Music AI Sandbox」を発表した。本連載でも昨年、グーグルが音楽生成AIの「MusicLM」を発表したことに触れた。また、Metaも音楽生成AIとして「Audiobox」を発表。AI大手のStability AIも「Stable Audio」をバージョン2.0に進化させている。

人手不足解消、AI使い続々 ヤマダは接客ロボ KDDIはドローン活用 (2024/5/25:電波新聞)

 あらゆる業界で人手不足が叫ばれる中、家電量販店最大手ヤマダホールディングス(HD)がAI(人工知能)ロボットを使った接客サービスの実現に乗り出した。ANAホールディングス発のスタートアップと業務提携。家電流通の枠を超えたサービスの横展開も視野に入れる。KDDIも米国ドローン大手と提携し、ローソン屋上などをドローン基地にして全国どこでも10分で駆け付けられる仕組みづくりを検討するなど、深刻化する人手不足を、AIを軸にしたテクノロジーで解消しようとする動きが相次いでいる

GPT-4oの動画・画像、音声の能力は? これから使える機能、今わかっていることまとめ (2024/5/25:ビジネス+IT)

 OpenAIの新型AIモデル「GPT-4o」で特に注目すべきは、動画理解や音声処理能力です。たとえば45分の専門家向け講義動画をGPT-4oに入力し、数分で正確に要約する能力を示しました。さらに、高品質な画像生成や3Dオブジェクトの生成までこなします。

AIを利用した創作物、発明者は「人間」…政府が知的財産計画で見解明記へ (2024/5/24:讀賣新聞)

 同様の見解は、司法の場でも示されている。東京地裁は今月16日、AIを発明者とする特許出願を特許庁が却下したのは違法だとして、米国人の技術者が国を相手取って却下処分の取り消しを求めた訴訟で、「特許法が規定する『発明者』は自然人に限られる」として請求を棄却した。

マイクロソフト、「Windows」向け「Copilot」を通常アプリ化 (2024/5/24:ZDNET)

 Microsoftの人工知能(AI)アシスタント「Copilot」について、「Windows」向けのデザインの見直しが進められている。その目的は、同アシスタントへのアクセスと利便性の改善だ。現時点で、Windowsではサイドバーから「Copilot in Windows」を利用できるが、これが近く、サイズ変更や場所の移動が可能な、通常のWindowsアプリになる。

マイクロソフトが「Copilot+ PC」を出したワケ AIはPC市場の“カンフル剤“だ (2024/5/23:ASCII)

 グーグルがGemini推しでマイクロソフトがCopilot推し、というと「それはまあ当然だろう」と思う人も多そうだ。だが、5月20日からシアトルで「Build 2024」に関わる取材をしてみると、マイクロソフトは当然ながら、マイクロソフトらしい生成AIへの取り組みをしていた。中核となるのは、Windows11でのオンデバイスAIへの取り組みを強化する「Copilot+ PC」だ。

生成AI「Gemini」で生まれ変わる「グーグル検索」…使い勝手と検索トラフィックはどう変わるのか?(2024/5/18:現代ビジネス)

 Gemini(ジェミニ)」と呼ばれる生成AIの技術を導入することで、グーグル検索がユーザーの知りたいことをずばりと教えてくれるようになるという。既に昨年から「SGE(Search Generative Experience:検索生成体験)」という呼称で提供されてきたが、これは試験的なサービスだった。このSGEを今回、商品化して「AI Overview」という正式名称で提供するという。
 単にキーワード検索すると従来と同じようにリスト化されたサイトが表示されるが、
これに対し「電気自動車の現状を詳しく教えて」とリクエストすると、今度はAIがその解答をコンパクトにまとめた文章として返してくる。

AI発明の新技術、特許と認めず 東京地裁「人間に限定」 (2024/5/17:KYODO)

 判決によると、出願者は数年前に、発明者を「ダバス、本発明を自律的に発明した人工知能」と記載し、特定装置に関する特許を出願。特許庁は「発明者として記載できるのは人に限られる」として修正を命じたが応じなかったため、出願を却下した。

👍最新モデル「GPT-4o」は無料プランでも使える 使用感は?スピード感は?記者が実際に利用 (2024/5/17:Jcastニュース)

 無料ユーザーもGPT-4oを使えるため、記者も実際にウェブサイトで試した。まずはアカウントを作成し、メッセージ画面を開いた。「無料ユーザーでもGPT-4oを使う方法を教えてください」とチャットすると、すばやい返答が返ってきた。

生成AIのプロンプト管理は「clibor」で効率化 (2024/5/17:ASCII)

 生成AIを利用するときに利用頻度が高いプロンプトが複数ある場合は、クリップボード履歴ソフト「Clibor」が便利だ。Cliborで、Copilotのプロンプトを手軽に管理、入力する方法を紹介する。

AIを活用して新規事業を立ち上げ--起業家が意識すべき6つのポイント (2024/5/17:ZDNET)

 AIは次世代のスタートアップの中核にあり、新しいビジネスアイデアの創出から市場投入までの時間を大幅に短縮することで、機敏性と破壊的な優位性をもたらす。技術者は、このAIを活用する新世代のビジネスの構築と立ち上げにおいて、重要な役割を果たすことができる。

「GPT-4o」人間と同じように話せる 感情表現もできるAI、人の仕事を「奪う」未来 (2024/5/16:Jcastニュース)

 対話型AI(人工知能)サービス「ChatGPT」の最新モデル「GPT-4o」は、まるで人間と話すかのようにリアルタイムで滑らかに会話ができる。開発会社の米OpenAIが披露した動画では、GPT-4oと会話するほか、AIが笑ったり歌ったりする機能を紹介した。

ソフトバンク、AIでカスハラ対策 電話口の怒った声→穏やかなトーンに (2024/5/16:Jcastニュース)

 通話音声の変換は、ソフトバンクの新規事業提案制度「ソフトバンクイノベンチャー」から生まれたアイデア。AIの感情認識・音声加工技術を活用して客の声を穏やかなトーンに変換することで、オペレーターの心理的安全性を確保しながら、顧客との良好な関係性の維持を目指すという。

ChatGPT無料ユーザーが最新の「GPT-4o」を使う方法(ちょっとわかりづらいので解説) (2024/5/16:ASCII)

 5月14日未明に発表された超絶高性能化したChatGPTの新バージョン「GPT-4o」は、無課金勢にも開放されると聞いて大喜びしたはいいけど、「なんか俺のChatGP、前のまんまなんだが」というあなた。実はもうあなたも、すでにウワサのGPT-4oを使えるようになっています。

グーグル、入力文で1分超の高解像度動画を生成するAI「Veo」発表…映画関係者らに提供 (2024/5/15:讀賣新聞)

 例えば、「多くの斑点があるクラゲが水中を泳いでいる。彼らの体は透明で、深海で光る」などと入力すると、実際に撮影されたかのような高画質の画像を生成する。将来的には、傘下の動画投稿サイト「ユーチューブ」のショート動画などにベオの機能を搭載するとしている。

AIスーツケースが道案内 日本科学未来館が一般向けに試験運用開始 (2024/5/15:電波新聞)

 AIスーツケースは、視覚障害者の移動を支援する自律型ナビゲーションロボット。同館館長でIBMフェローでもある全盲の浅川智恵子氏が出張の際に、「スーツケースが自動で道案内をしてくれたら」と感じたことをきっかけに開発が始まった。見た目は普通のスーツケースだが、内部にコンピューターやセンサー、モーターなどが組み込まれており、人や障害物を避けながら、目的地まで安全に案内してくれる。

Google、テキストや画像から動画を生成するAI「Veo」発表 OpenAIの「Sora」対抗 (2024/5/15:ITmedia Mobile)

 Veoは自然言語を高度に理解し、「タイムラプス」や「航空写真」などの用語を理解できるという。一貫性のある映像を作成でき、人や動物、物体がリアルに動く。公式ブログでは、雨の夜のアスファルトやサファリを歩く手編みの象のぬいぐるみ、海中を遊泳するくらげなど、Veoで生成した動画が紹介されている。

オープンAI、新AIモデル「GPT-4o」発表-低価格で高速 (2024/5/14:Bloomberg)

 13日のライブ配信イベントで披露された新しい大規模言語モデル(LLM)、GTPー4oは膨大な量のデータをインターネットから取り入れて学習し、リアルタイムでの文字情報や音声、画像の扱いが優れている。数週間内にリリースされる見通しシステムに話しかければ、わずかミリ秒で音声で返答し、流れるような会話が可能になると、オープンAIは説明。同様にプロンプト(指示・質問)として画像をシステムに見せれば、画像で応答できるという。

OpenAI、「GPT-4o」を発表、2倍速く、50%安く、~テキスト・音声・画像すべてを理解 (2024/5/14:窓の杜)

  米OpenAIは5月13日(現地時間)、大規模言語モデル(LLM)「GPT-4o」を発表した。同社最新のフラッグシップモデルで、従来の「GPT-4 Turbo」と比べ2倍速く、50%安価となっている。

AIアバターはますます人間らしく--「幸せ」「戸惑い」、話題に応じて感情を表現 (2024/5/14:CNET Japan)

 Synthesiaは4月、人間のようにさまざまな感情を表現できるアバター「Expressive Avatars」を発表した。これは同社が「デジタル俳優」と呼ぶ技術の最新版だ。表情が強化され、リップシンクもより正確になっている上に、口調も人間のようにリアルで、多くの音声読み上げAIのロボット的な口調よりも優れている。

ChatGPTがもっと便利になる「プラグイン」とは? 導入方法を解説 (2024/5/13:ITmedia Mobile)

 ChatGPTの基本的な扱いに慣れてきたら、さらに便利に使うために「プラグイン」の活用を検討してみよう。要するに、ChatGPTをより便利に使うために用意された拡張機能のことだ。こうしたプラグインを使うためには、そもそもChatGPTを有料プランにせねばならず、料金がかかる。前提知識なしで導入しようと決断するのはハードルが高いはずだ。そこでまずは、本稿で解説する手順の流れと、できることの全様を把握しておき、そのうえでチャレンジするかどうかを検討してみてほしい

OpenAI、Google I/O前日に何かを発表へ 「GPT-5でも検索でもないよ」とアルトマンCEO (2024/5/11:ITmedia NEWS)

 サム・アルトマンCEOは自身のXアカウントで「gpt-5でも検索エンジンでもないけど、皆さんに気に入ってもらえるであろう新作にがんばって取り組んできた! マジックみたいだと感じた」とポストした。

あのキャラの声、AIで勝手に再現「無断AIカバー」氾濫 声優と弁護士に聞く「声の守り方」と未来 (2024/5/10:ITmedia NEWS)

 人気歌手や声優の声を無断でAIに学習させ、無関係な歌を歌わせたり、セリフを言わせたりする無断AIカバーは、アニメファンなどが好きなキャラの声で勝手に制作し、動画SNSなどで人気を集めている。

TikTok、生成AIによる動画・画像を自動でラベル付け、他アプリで作られたコンテンツも対象 (2024/5/10:ITmedia NEWS)

 TikTokによると、動画配信プラットフォームで、アプリ外で生成された動画や画像が識別できるように自動でラベルを付与する取り組みは初めて。

AIによる生産性向上と技術職の新たな役割--求められる「AI活用」能力 (2024/5/10:ZDNET)

 AI時代になり、テクノロジーを専門とする人の興味深い職務が新たに生まれているが、実績のあるコーディングや統合のスキルをまだ捨て去ってはならない。むしろ、「従来型」のテクノロジー活動と考えられているものが、AIによってさらに高速かつ生産的に進む可能性がある

Copilot for Microsoft 365、その入力指示自体をAIが補助可能に (2024/5/8:PC Watch)

 米Microsoftは8日(現地時間)、生成AIサービス「Copilot for Microsoft 365」の機能拡張を発表した。同サービスのプロンプトでオートコンプリートが利用可能となるほか、ボタンクリックでよりリッチなプロンプトに変換したりするなど、入力自体を生成AIがアシストしてくれるようになる。

書類作成の支援など生成AIを活用した病院向け業務効率化サービス登場 (2024/5/8:ASCII)

 医師による退院時サマリー作成業務、看護師による退院時看護要約作成業務などの事務的な業務において、あらかじめ設定しておいたプロンプトに沿ったAIによるサマリーの作成や、書類の画像データから電子カルテに記載できる形への編集が可能。ほかにも、音声データからの書き起こしや議事録の作成、電子カルテの記載文の生成、投入した文章から、医学用語や院内用語などを反映した文章の生成・要約なども可能となる。

同時通訳可能な国産AI開発、大阪万博で活用へ…機密性高い国際交渉でも使用想定 (2024/5/8:讀賣新聞)

 首脳会談などの同時通訳では、熟練の通訳者が話者の発言の途中から翻訳を始める。作業の負担は大きく、日本語と英語の同時通訳者は国内で数百人に限られる。NICTのチームは同時通訳者の協力を得て、用意した膨大な文章データのうち、通訳者が翻訳を始めるタイミングをAIに学習させた。用語集などと組み合わせることで、日英中韓仏の5言語で双方向の同時通訳ができるAIを開発した。

AIが値引き率を提示。イオン、「AIカカク」を生鮮部門に拡大 (2024/5/7:ASCII)

 AIカカクは、販売実績や天候・客数などの環境条件を学習したAIが“その日その時”の需要を予測し、バーコードで読み取った商品情報と陳列数をもとに適切な割引率を提示するシステム。

リスの鳴き声、AIで判別 「ケーブルかじられネット不通」防ぐ調査 NTT東 (2024/5/7:ITmedia NEWS)

 今回、録音した鳴き声をAIに検知させて生息状況や範囲を特定することで、調査の省力化を図る検証を行った。横浜市内の「こども自然公園」内の5カ所にボイスレコーダーを設置し、2024年2月19日から3月29日にかけて鳴き声を収集。AIで音声を解析した。

YouTube、AIが推測する「見たい箇所」までスキップできる新機能のテストを拡大 (2024/5/7:CNET Japan)

 Jump Aheadは、人工知能(AI)を使ってユーザーが見たいものを推測し、他の視聴者の多くが先にジャンプした箇所を分析すると、Android Authorityは説明している。YouTubeは、この機能の仕組みを詳しくは明らかにしなかったが、AIが何らかの視聴データを判断材料にしている可能性が高そうだ。

「ChatGPT」vs「Claude 3」、ビジネスにお勧めの生成AIを選ぶポイントは (2024/5/6:CNET Japan)

 「ChatGPT」を手掛けるOpenAIはGPT-4 Turbo with VisionのAPI提供を開始したり、動画生成AI「Sora」を発表したり、アジア初となるオフィスを東京に構えるなど、相変わらずものすごいスピードで進化し続けている。3月、ChatGPT越えを謳うAnthropicの生成AI「Claude 3」がリリースされた。

「ChatGPTを使って講義」大学でついに実用化--バーチャル「TA」が授業進行をサポート (2024/5/3:CNET Japan)

 日本経済大学とWHITEは、OpenAIの生成AI「ChatGPT」を搭載したバーチャルアシスタントを、授業中の「TA」(Teaching Assistant:教員助手)として活用する実証実験を開始した。教員不足が叫ばれるなか、AIによって授業の質の向上と教員の労働負担の軽減をめざす。

スワイプで直感的なバーチャル試着体験を:フランス発Veesualの生成AI技術 (2024/5/3:CNET Japan)

 フランス発のテックスタートアップ、Veesual(ヴィジュアル)は、AIを駆使した画像生成技術でファッションeコマースの体験に変革をもたらしている。直感的なスワイプ操作で実現するバーチャル試着体験は、オンラインでのショッピングを革新し、ユーザーに前例のない試着体験を提供する。

アップルも注目する最近の生成AIトレンド「小型LLM」、オフラインでも利用できる生成AIの登場とスマホ/ラップトップ市場へのインパクト (2024/5/3:AMP)

 ChatGPT、特にGPT-4が登場して以来、大規模言語モデル(LLM)の性能向上において、パラメータ数を増やすアプローチが主流となってきた。しかし最近では、パフォーマンスを維持しつつ、パラメータ数を減らす、小型モデルの開発が活発化している。この大規模言語モデルの小型化において、水面下で動いているのがアップルだ。

岸田首相、生成AIの国際的枠組みの設立表明 安全な活用を主導 (2024/5/1:讀賣新聞)

 岸田文雄首相は2日、訪問先のパリで、生成人工知能(AI)の安全な利活用に向けたルールを形成する国際的な枠組み「広島AIプロセス・フレンズグループ」の設立を表明した。経済協力開発機構(OECD)加盟国を中心に49カ国・地域が参加する。

宿題もリポートも生成AIが作った「正解」丸写し、教諭は嘆く「これじゃ無料の代行業者だ」(2024/5/1:讀賣新聞)

 昨年度の冬休み、中1の生徒に英語で日記を書く宿題を出したところ、現在完了形など教えていない英文法が使われ、ミスもない「素晴らしい英文」の日記が、何人もの生徒から提出されてきたのだ。生成AI(人工知能)が使われたことは疑いようもない

AI生成の“非実在美女”が、甘い言葉や愛国ワードで懐を狙う――お隣中国の最新AI事情 (2024/4/30:ITmedia NEWS)

 巧克力が見つめながら話す内容といえば「なぜ今、多くの男性が一人で生きることを選ぶのですか?」「性格の良い男性は社交的ではありません」「孤独を楽しめる男性は、普通の人ではありません」「男性をあまりにも長い間一人にしておくと、機会があっても孤独を選ぶでしょう」といったまるでスナックのママかのように傷ついた男性を癒やすようなものだ。

生成AIが状況報告 IoT組み合わせ省力化 建設現場や公共トイレで (2024/4/30:電波新聞)

 労働力不足が深刻化する中、現場の状況を把握できるIoT機器と生成AI(人工知能)などを組み合わせて省力化につなげる取り組みが進んでいる。生成AIの活用で、これまでパソコン(PC)操作が必要だったセンサーデータなどの情報収集が、チャットとの自然な対話で確認できる新技術が登場。建設現場の管理や公共トイレの点検を効率化するシステムが相次ぎ市場投入され、移動時間の削減や人員配置の最適化を支援している。

OpenAI、Financial TimesともAIでの記事データ利用でライセンス契約 (2024/4/30:ITmedia NEWS)

 日本経済新聞社傘下の英経済紙Financial Times Group(FT)は4月29日(現地時間)、米OpenAIとの戦略的パートナーシップとライセンス契約を発表した。これにより、FTのコンテンツでChatGPTを強化し、モデルの有用性を向上させ、新たなAI製品と機能の開発でFTの読者向け機能の開発で協力していく。

ギブリーが生成AI技術でマーケティング業務を自動化・効率化する「マーケGAI」の提供を開始 (2024/4/30:Web担当者Forum)

 マーケティング分野で生成AIの導入が進む一方、使いこなせなかったり、担当者によってアウトプットの質がばらついたりする課題があるため、マーケGAIを展開する。400社以上のAI活用支援の実績がある同社のプロンプト(指示文)開発チームが40種類の業務特化型プロンプトを実装。同社のマーケティングDX支援サービス「DECA」の事業責任者が監修した。

営業活動をAIが分析するサービス「UPWARD INSIGHT」 (2024/4/30:ASCII)

 本サービスは日々の営業活動をAIが分析し、蓄積したデータを活用して売上ポテンシャルの高い顧客を提示。馴染みのある行きやすい顧客に訪問するのではなく、成約見込みが高い顧客に訪問することで、戦略的な営業活動の実現を支援するという。

みんがく、生成AIリテラシー講座を文京区立第九中学校で開催 (2024/4/29:こどもとIT)

 参加した児童生徒からは、生成AIが便利であることを理解しつつ、使い方に気を付けなければいけないことや「AIを利用する側」として活用できるようにしていきたいとの声が聞かれた。

生成AI関連企業が児童の性的危害の作成と拡散を防ぐ取り組みを発表/Google ChromeのサードパーティーCookie廃止を延期に (2024/4/28:ITmedia PCUSER)

 インターネットが、オフラインおよびオンラインのどちらもで児童に対する性的危害を加速させたのと同じように、生成AIの悪用は児童の安全に深刻な脅威をもたらしており、既に被害が発生していると指摘している。生成AIにより、大量のコンテンツ作成がこれまで以上に簡単になっている現状を踏まえ、1人の加害者が児童性的虐待コンテンツを大規模かつ迅速に作成できるになったという。

生成AIで死者を“復活”させるビジネスは人を救うのか 指摘される懸念とは? (2024/4/27:ITmedia ビジネス)

 TBSの報道によると、「世界では今、インプットされたデータから文章や画像などを自動で作り出す『生成AI』の技術が急速に進化しています。こうした中、中国では『生成AI』を使って、亡くなった人を『復活』させるビジネスが登場し、論争を呼んでいます」という。

インテルがAIアプリのアイデアソンを開催 ~優秀者にはCore Ultra搭載AI PCを贈呈 (2024/4/26:窓の杜)

 「インテル Future Tech アイデアソン」は、インテルのCore Ultra プロセッサーと「OpenVINO」ツールキットの組み合わせを利用し、AIを使った新しいアプリの開発を目指すアイデアを競うアイデアソン。開発者コミュニティーの育成と、インテルの技術を活用して社会的課題に取り組む未来を作る開発者たちを支援することを目的としている。

なぜ医療分野でもAIが必要なのか 画像診断で利活用加速 (2024/4/26:窓の杜) (2024/4/25:電波新聞)

 生成AI(人工知能)の台頭により、医療分野でもAIの活用が注目されている。AIは、医療現場で欠かせないデータ分析や診断、業務の効率化・向上に貢献しているが、特に活用が進んでいるのが画像診断分野だ。ディープラーニング(深層学習)との親和性が高くAIを使った画像処理技術の開発で、各社がしのぎを削っている。

ChatGPTのプロンプト入力をラクにする「カスタム指示」機能が便利 前提条件を事前に記入できる (2024/4/24:ITmedia Mobile)

 例えば、筆者は下部のブロックに「なるべく端的に、日本のビジネスシーンを想定した表現で回答してください」や「回答の冒頭において、指示や質問に対する返事や、あいさつなどは不要です」といった文を箇条書きで記した。この状態で、ChatGPTに指示/質問をすると、条件を反映してくれるというわけだ。

NEC、高速LLM「cotomi Pro」「cotomi Light」を開発 グローバルモデルと同等性能を十数倍の速度で実現 (2024/4/24:ITmedia クラウド Watch)

 新開発されたラインアップのうち「cotomi Pro」は、GPT-4やClaude 2などのグローバルトップレベルのモデルに比肩する性能を、GPU2枚の現実的なインフラで、GPT-4のおよそ1/8のレスポンスタイムで実現できるという。

ゼロからの画像生成も可能に――アドビが生成AI機能を強化した「Photoshop」のβ版を公開 (2024/4/23:ITmedia PCUSER)

 新たに実装される「画像を生成(Generate Image)」機能を使うと、プロンプト“だけ”で画像を新たに作成できる。「参照画像」は、塗りつぶしをする際に別の画像を参照する機能だ。例えば、服の画像を読み込ませた上で全身ポートレートの服の部分に塗りつぶしを指示すると、生成AIがその服に“着せ替えて”くれる。写真を撮り直すことなく、一部のオブジェクトを差し替える際に便利そうだ。

グーグル、AIプロンプトの最適化に役立つ2つの新しいリソースを無料で公開 (2024/4/23:ITmedia ZDNET)

 プロンプトの作成にあたっては主に4つの点を考慮すべきだという。具体的には、情報を得ようとしている人を指す「Persona」(ペルソナ)、チャットボットに依頼したい内容を示す「Task」(タスク)、AIチャットボットがタスクの実行に利用できる追加情報を意味する「Context」(コンテキスト)、そしてアウトプットをどのように構成するのかを指示する「Format」(フォーマット)だ。

Edge「Copilot」使い勝手がさらに向上! スクリーンショットで情報を深掘り (2024/4/23:ASCII)

 画像をアップロードして質問できるが、手持ちの写真について質問するならBing Copilotを使えばいい。EdgeのCopilotでは、スクリーンショット機能を活用したいところだ。プロンプトの入力フォームにある「スクリーンショットを追加」アイコンをクリックすると、画面領域の選択モードに切り替わる。ドラッグしてアップロードしたい部分を選択し、チェックマークをクリック。あとはプロンプトを入力し、飛行機アイコンをクリックすればいい。

すぐに試したくなるChatGPTの裏ワザ? 出力を操作する3つの「パラメータ」とは (2024/4/22:ITmedia Mobile)

 「パラメータ」と呼ばれる変数を指定することで、出力される回答の傾向をコントロールできる。本稿ではChatGPTですぐに試してみたくなるパラメータについて、3つの例を紹介しよう。

「AIが発明者」企業・団体の8割が懸念…特許庁調査、実現性が検証されていない技術「増える」 (2024/4/21:讀賣新聞)

 AIが自律的に行った発明に対し、特許権を認めるかの是非については、80%が「問題をもたらす恐れがある」と回答した。実際に製品化などにつながるか検証されない発明が増えるほか、特許の出願数が過剰となり、審査が遅れるとの指摘も相次いだ。

OpenAIが日本法人を設立 日本語に最適化したGPT-4カスタムで3倍速く/Microsoft Edgeの更新で「Microsoft Copilot」アプリが導入される不具合 (2024/4/20:ITmedia PCUSER)

 日本法人の開設にあわせて、日本語に最適化したGPT-4のカスタムモデルも公開した。日本語文章の翻訳と要約のパフォーマンスおよびコスト効率が向上し、前モデルと比較すると最大3倍に処理速度が高速化した。

「OneNote」にAIで手書きテキストをキレイに整列する機能が追加へ (2024/4/18:窓の杜)

 「OneNote」のインク機能で急いでメモを取ると、文字が斜めになったり、上下左右に乱れて、あとから読みにくくなることがある。これを整頓して、読みやすくするのが今回導入された機能だ。友人にノートを共有したいが、汚い手書きテキストを見せるのが恥ずかしいといった場合にも役立つ。

MJS、「生成AI」に関する調査結果「会計事務所白書 2024」を公開 (2024/4/16:BCN)

 生成AI活用者に生成AIの用途を聞くと、会計事務所では「文書の生成(作成)を頼む」が61%、「調査、検索を頼む」が43%、「アイデアを聞く」が42%、その他「プログラムコードの作成・生成、デバッグ」「画像生成、画像処理」などに利用。企業・事業主では、「文書の生成(作成)を頼む」が63%、「調査、検索を頼む」が57%、「アイデアを聞く」が42%、その他「Excelの式作成のアシスト」「文章の校正」などとなった。会計事務所、企業・事業主ともに文書の生成(作成)を目的とした利用が最多だった。

OpenAI Japanは日本への「本気」の証、アルトマンCEO・長崎社長が語ったこと (2024/4/16:Forbes)

 切り札になるのが日本語に最適化した「GPT-4」ベースのカスタムモデルだ。日本語の翻訳と要約の精度を高め、コストパフォーマンスも意識した。動作速度は前モデル比で最大3倍速くなるという。今後、数カ月以内に外部デベロッパも利用可能なAPIとして提供を予定する。

OpenAI Japanスタート 3倍速い日本語特化モデルも公開へ (2024/4/15:Impress Watch)

 日本向けの機能として公開されたのが、GPT-4を日本語に最適化して「GPT-4 日本語カスタムモデル」だ。このモデルは日本語文書の翻訳や要約、使用トークン数を軸としたコスト効率が最適化されている。

AIを仕事で使うと後ろめたさを感じる人たち 「自分の価値や貢献が疑問視されるかも」と不安に (2024/4/15:Jcastニュース)

 自らの知的・創造的な能力を売りにする職業は、プロフェッショナルとしての自立性や独自性を重んじるため、部分的にAIに頼ることに「自分の価値や貢献が疑問視されるかもしれない」との不安を抱くことになるという。

AIがユーザーの意図を察して補助するBing新機能「ディープ検索」が一般公開! その実力を試す (2024/4/15:INTERNET Watch)

 結果が表示されるまで30秒(実質的には40秒くらい)かかることから、「遅すぎ」と酷評されることも多いが、用途によってはディープ検索を使った方が調べやすいこともあり、通常の検索と使い分けるのが良さそうだ。

“和製”生成AIの開発競争が過熱 「チャットGPT」など海外製との違いとは (2024/4/15:電波新聞)

 「インターネット以来の発明」とも言われる生成AI(人工知能)。海外勢を中心とした開発競争に、日本企業も名乗りを上げ始めています。NECやNTT、KDDIなどの大手企業が日本語に特化した生成AIを矢継ぎ早に投入しています。拡大途上の生成AIの現状について、海外製との違いなど素朴な疑問を新入社員がベテラン記者にぶつけてみました。

生成AIはアプリをデプロイする段階に入ったとGoogle Cloud メルセデス・ベンツなど多くの顧客事例を紹介 (2024/4/11:クラウド Watch)

 「生成AIは構想語る段階ではなく、実際にその上で動くエージェントの話をする段階に入っている」と述べ、生成AIを活用したエージェント(アプリケーションのこと)が既に顧客のITとして動き始めており、それによりデジタル変革を進めている顧客が多くいると強調した。

「AI脚本」を人気声優が朗読…銘打ったイベントは中止、「盗作」と批判相次ぎ (2024/4/10:讀賣新聞)

 生成AI(人工知能)が脚本などの著作物を無断学習している可能性を踏まえ、「盗作脚本ではないか」「声優を応援できない」などの批判が相次いだためだ。専門家は「AIを使ったイベントでは権利者への配慮が必要だ」としている。

「生成AI」の利用経験者が3か月で倍増、一方で利用頻度は低調なことが判明【GMOリサーチ調べ】(2024/4/10:Web担当者)

 生成AIを「日常的に使っている」「ときどき使っている」と回答した153人に「定期的に利用している生成AIツール(複数回答可)」を具体的に聞くと、「ChatGPT」48.4%が最多で、以下「Microsoft Copilot Studio」21.6%、「Microsoft Copilot[旧Bingチャット]」19.0%、「Gemini(旧Bard)」15.7%、「Google Generative AI App Builder」13.7%の順となった。

OpenAI、「クローン音声」開発も悪用リスクを懸念 (2024/4/9:JBpress)

 人の声を再現する生成AI(人工知能)を発表した。15秒分のサンプル音声を吹き込んだ後、任意の文章を入力すると、サンプルそっくりの音声でその文章を読み上げる。ただし、悪用のリスクがあるため、しばらく一般公開を控える方針だ。

次期「iPhone」はAIで大々的に変化するかも--これまでの報道から予想 (2024/4/9:CNET Japan)

 AppleのiPhone向けOSの次期メジャーアップデートは、おそらく「iOS 18」という名称になり、iPhoneに多数の新しいAI機能をもたらす見通しだ。Bloombergによると、iOS 18はAppleにとって、初代iPhone以降、最も大規模なアップデートとなる可能性があるという。

人材部門は生成AIに備えられているか?--まだやるべきことが多いとの調査結果 (2024/4/8:ZDNET)

 企業は現在、零細企業も含めて規模の大小を問わず、AIソリューションの実装に追われている。会社が大きくなると、統合やデータのサイロ化といった技術的な課題も大きくなり、AIの配備計画は加速が難しくなる。ITリーダーの90%は、AIとほかのシステムの統合が大変だと述べている。

生成AIの「RAG」とは? 知っておきたい重要キーワードを解説する (2024/4/8:INTERNET Watch)

 RAGは、「Retrieval Augmented Generation」の頭文字をとったもので、日本語に訳すと「検索拡張生成」だ。簡単に説明すると、生成AIの言語生成能力を、検索技術と組み合わせて拡張する仕組みだ。RAGの技術自体は、以前から存在していたが、昨今、注目されるようになってきた理由は、ChatGPTのカスタムGPT(GPTs)やCopilot GPT Builder、Copilot Studio、NVIDIAが公開したChat with RTXなどの、RAGを利用可能な生成AIソリューションが増えてきたことが、その1つだ。

Googleの生成AI検索「SGE」 自動生成された回答だけでユーザーは満足している? (2024/4/7:ITmedia マーケティング)

 検索結果画面で知りたいことを確認できるため、ユーザーの利便性が高まる一方、情報を提供するWebサイトにとっては、検索経由のトラフィックが少なくなることが危惧されています。

米メタ、AI作成コンテンツにラベル 5月から削除方針を変更 ( 2024/4/6:REUTERS)

 新しいラベルの適用はフェイスブック、インスタグラム、スレッズに投稿されたコンテンツに適用されると説明した。一方、対話アプリ「ワッツアップ」や仮想現実(VR)端末「クエスト」などのサービスには別のルールを適用する。特にリスクが高い「ハイリスク」へのラベル適用は直ちに開始すると明らかにした。

【ChatGPT超え?】最新AI「Claude 3」の恐るべき実力…本1冊分のテキストも読み込める! ( 2024/4/6:DIAMOND)

 「テキスト生成AIといえばChatGPT」という状況が終わったかもしれない。3月に、Anthropic(アンスロピック)から最新のテキスト生成AI「Claude 3」(クロードスリー)が登場したからだ。ChatGPTに勝るとも劣らない性能の賢いAIで、ChatGPTよりも格段に長いテキストを扱うことができるClaude 3。どんなことができて、どんな性能なのか、実際に試してみた。

あの「AIアートグランプリ」が今年も開催、AIアーティストの育成を目指す ( 2024/4/5:窓の杜)

 同グランプリは「人間による表現手段としてのAIの積極的な活用の方向性を探り、AIを活用したアーティストを育成すること」ことを目的としたグランプリ。第一回は2023年3月、第二回は11月に表彰式が開催されている。

AI検索「Perplexity」がかなり便利だったので紹介します ( 2024/4/5:ASCII)

 グーグルなど従来の検索エンジンでは、検索結果としてこのような関連したウェブページへのリンクを表示するだけだったので、ユーザーはそれぞれのページを開いて内容を確認する必要があったが、Perplexity AIはLLM(デフォルトはGPT-3.5)を使ってこれらのページの内容を要約してくれるのだ。

日立システムズ、生成AIを活用し顧客のビジネスイノベーションを協創 ( 2024/4/4:BCN)

 日立システムズの従業員は、蓄積された提案ナレッジやマーケットニーズを把握することで構想力を高めることができ、さらに、生成AIを活用したITによる自動化の加速を通じて顧客の業務課題をより高効率に解決し、顧客のビジネスイノベーションを協創する。

“生成AI元年”が終わり、ビジネスへの実装段階になってきた ( 2024/4/4:ASCII)

 LLMの違いによる特性をどう使うか、ローカルとクラウド、オンプレミスでの使い分けをどうするのか、生成したコンテンツの管理と効果計測をどうするのか、といった点が求められる。LLM自体の性能だけでなく、そうした部分をどの企業がどのような形で手掛けるのか、という話につながってくる部分だ。

見出しサムスン電子がAI搭載スマホ旗艦モデル発表 4機能の通訳、13カ国語に対応 ( 2024/4/3:電波新聞)

 通訳した内容を音声で発するとともに、内容をテキストで画面に表示する。現在、日本語を含む計13カ国語に対応。AIが音声認識エンジンと機械翻訳エンジン、音声合成エンジンを用いて、即時に言語を翻訳、音声変換させる仕組み。同シリーズは心強い専属通訳としての役割を果たしてくれる。

OpenAI、「ChatGPT」をサインインなしで利用可能に ( 2024/4/2:ZDNET)

 OpenAIは米国時間4月1日、ChatGPTのウェブサイトにアクセスするだけでChatGPTを利用できるようにすることを明らかにした。同社はこの変更を世界規模で順次導入する予定だが、ユーザーが実際に変更を目にするまでには時間がかかる可能性もある。

AIが最適なマンガをおすすめ 集英社「DEAIBOOKS」4月25日提供開始 ( 2024/4/2:ASCII)

 本サービスは、少し未来のマンガ図書館を舞台に、AIである司書見習いキャラクター「会原ぴたり」との会話を通じて、利用者の趣味嗜好に合わせた最適なマンガをおすすめする。現在は、4月25日のサービス開始に向けたティザーサイトを公開中。

メディア運用に特化した生成AI導入支援「AIパイロット」 ( 2024/4/2:ASCII)

 AIパイロットは、メディア業界に特化したAIソリューションやAI研修コンテンツを内包したサービスで、「AIをメディアでどのように活用したらいいかわからない」「AIの情報が早すぎて完全に理解できていない」「本当に効果の高いAI活用方法がわからない」といった課題に対応。実際に業界で活用される事例をもとに、コンテンツ生成をはじめとした、メディア運営業務における生成AIを活用したソリューションを提供する。

オープンAI、東京にアジア初の拠点を開設し日本語対応強化-関係者 ( 2024/4/1:Bloomberg)

 日常業務における生成AIの活用が日本でも広がる中、NTTソフトバンクは日本語に最適化したAIの開発を進めている。オープンAIは東京オフィスの開設を通じて日本語サービスを拡充する。

生成AIめぐりiPhoneが「Android化」、検索に加えAIでもグーグルに軍配?( 2024/4/1:Forbes)

 アップルは、iPhoneでAIエンジンのGemini(旧Bard)を利用するための巨大な契約についてGoogle(グーグル)と交渉中だと報じられた。Bloomberg誌は、この「巨大契約はAI業界を震撼させるだろう」と書いた。

OpenAIの「Voice Engine」は15秒分の声データを元に本人そっくりに喋る ( 2024/3/31:ITmedia NEWS)

 OpenAIは、こうした合成音声が悪用される可能性を認めており、広範囲にリリースをするかどうかを検討するために、慎重にテストを行っているという。広くリリースするためには、音声認証システムの廃止や、個人の声を保護するポリシーの確立、AIの機能と限界についての一般の理解促進などが必要だとしている。

AIの画像解析で「性病の早期発見」謳うアプリの謎だらけの実態 ( 2024/3/31:Forbes)

 深夜の人気トーク番組「ザ・トゥナイト・ショー」でも取り上げられたCalmara(カルマラ)と呼ばれるアプリは、ユーザーが性器の写真を送ると60秒でヘルペスや梅毒、HPVなどの10以上の病気や感染症の有無を96%の精度で検出できると主張している。

「Slack AI」の日本上陸は4月17日に 会話やチャットをAI活用 ( 2024/3/29:ASCII)

 企業の生成AI活用における課題として、プロンプト(AIに対する命令文)を書くスキルに応じて、得られる結果にバラツキが出てしまうことを挙げる。一方で、Slack AIは基本的にマウス操作だけで生成AI機能が利用でき、「プロンプトを書く必要は一切ない」と説明する。

グーグル「VLOGGER」の可能性--画像からリアルな動画アバターを生成するAIツール ( 2024/3/29:ZDNET)

 VLOGGERにより、あらゆる種類の創作が可能になるかもしれない。最も単純なレベルでは、ヘルプデスクのアバターに大きな影響を与える可能性があると示唆している。リアルに合成された人間が話す動画は「共感を育む」ことができるからだという。同チームは、この技術が「オンラインコミュニケーション、教育、パーソナライズされたバーチャルアシスタントの強化など、全く新しいユースケースを実現する」可能性があるとしている。

音声入力とAI要約でカルテ作成業務を支援する「medimo」が大型アップデート ( 2024/3/29:ASCII)

 診察中に患者との会話内容をリアルタイム音声入力を行い、その内容をもとにAIが10秒ほどで診察に関連する情報のみを抽出してSOAP形式の診察記録原稿を作成し、医師は最小限の原稿確認と修正でカルテ作成ができる。

生成AIによるコンテンツ大量生成時代--必要なのは「コンテンツサプライチェーン」とアドビ (2024/3/29:ZDNET)

 「将来のオンラインバンキングでは、デジタルのパーソナル担当が、投資、税の管理、住宅ローン、保険などのさまざまなオプションを顧客一人一人に合わせた形で提供し、家計の管理なども支援するだろう。ヘルスケアのアプリでは、デジタルのアドバイザーが健康やウェルネスについてのお勧めをしたり、医師との約束をとったり、顧客が望む成果を得られる製品を探したりしてくれるようになる」

👍「Googleマップ」に3つの新AI機能、行きたい場所がさらに見つけやすく (2024/3/28:ZDNET)

  1つ目の機能は、その土地に詳しい人々のお気に入りの場所を知ることができる機能だ。都市名で検索するだけで、Googleマップのコミュニティーによるおすすめのリストのほか、旅行ガイドサイト「Lonley Planet」や、レストランの検索と予約のサイト「OpenTable」などの人気サイトが提供するリストを閲覧できる。

本格化する企業での生成AI活用、国産LLMに期待集まる。MM総研調べ ( 2024/3/25:PC Watch)

 2024年度から企業の生成AI活用が本格化する中で、72%の企業が国産LLMに期待を寄せているという。導入企業における生成AIの利用方法は、Webブラウザ経由で生成AIサービスを利用するのが最も多く60%で、次いで生成AIやクラウドのベンダーが提供するAPIを利用するパターンが44%であった。

NTT、国産の生成AI「tsuzumi」サービス開始--「2027年に売上1000億円」と島田社長 ( 2024/3/25:CNET Japan)

 tsuzumiは、NTTが2023年11月に発表した国産LLMだ。特徴の1つはモデルを大幅に軽量化した点で、パラメーター数は軽量版で70億と、OpenAIが提供する「GPT-3」の25分の1程度しかない。2つ目の特徴は「世界トップレベルの日本語処理能力」だ。3つ目の特徴は高いカスタマイズ性だ。4つ目の特徴は、クローズドな環境で運用できる点だ。

日立は「生成AIを活用するための組織づくり」をどう進めているか 德永副社長に聞く ( 2024/3/25:ITmedia)

 「生成AIはIT業界だけでなく、全産業、さらには世界のあらゆる活動に大きな影響をもたらすテクノロジーだと捉えている。そのインパクトはかつての産業革命を超え、人類史上これまでにないイノベーションをもたらすのではないか。企業にとっては、このテクノロジーをいかに活用していけるかどうかが、今後の盛衰を決めるといっても過言ではないだろう」

NEC、生成AIを用いたマーケティング施策立案技術を開発--ENEOSが先行利用 ( 2024/3/25:ZDNET)

 次世代サービスステーションでの「新サービスの施策立案」で先行利用され、実験店舗のサービス検討に際し、地域住民の潜在ニーズの把握、より収益に貢献できるサービス、特色あるサービス候補の洗い出しなどに活用されたとのこと。

WhatsApp、AIを活用した新たな写真編集機能を提供へ ( 2024/3/24:Forbes)

 写真編集にAIを使用することで、写真に芸術的な効果を追加することが可能になる。たとえば、画像の背景を変更することができる。さらに「スタイル変更」ツールにより、ユーザーは自分の写真のスタイルを変えることができ、新鮮で芸術的な外観を与えられる。さらに「画像拡大」機能により、ユーザーは全体の画像を拡大し、必要に応じて写真のサイズを調整することができると報告は述べている。

AI理学療法士に診てもらえば適切で安上がり? ( 2024/3/23:PC Watch)

 NECと国立大学法人東京医科歯科大学が、スマートフォンやタブレットで撮影した映像や問診データをAIで解析、慢性の非特異的腰痛(慢性腰痛)のセルフケアを支援する技術を開発した。慢性腰痛を持つ人が、いつでもどこでも自分自身で手軽に腰の状態を確認し、推定される原因と推薦される改善運動を参照できるようになるという。

AI音声合成ソフト「VoiSona Talk」が正式公開 ~女性ボイス「田中傘」とともに無償提供 ( 2024/3/22:窓の杜)

 アカウント登録をすれば、無料で利用できる。女性ボイスライブラリ「田中傘」(たなかさん)も引き続き無償で提供されるとのこと。「VoiSona Talk」と「田中傘」を用いて出力した音声波形データは、個人・法人、商用・非商用を問わず、一部例外を除いて原則無料で利用できる。

生成AIの利用経験者が3カ月で2倍に、半数以上が「ほぼ使わない」など課題も--GMOリサーチ ( 2024/3/22:ZDNET)

 利用経験率は33.5%(前回は16.6%)で16.9ポイント上昇した。しかし、その半数以上が利用頻度について「ほぼ使わない」と回答している。これについて、GMOリサーチでは、「生成AIを利用してみたものの、その半数以上が活用できていないという課題も見えた」と分析している。

アドビの生成AI「Firefly」が3D/ARオブジェクト制作をサポート――「Substance 3D」に生成AI機能を統合へ ( 2024/3/21:ケータイ Watch)

 これまでは、たとえば撮影した写真などを元にテクスチャーを作っていく形だったが、これに加えプロンプトを入力してFireflyに生成させることができるようになる。Fireflyで生成させたコンテンツも、凹凸具合や光沢などのパラメーターを調整できるため、写真素材がなくても、より制作者自身が作成したいものを制作できるようになるとしている。

生成AIを“使う”“創る”事例が続々 日本MSがCopilot/AOAIの先進ユーザー紹介 ( 2024/3/21:ASCII)

 企業の生成AI活用において、マイクロソフトが“AIを使う”ために用意するのが、「Copilot for Microsoft 365」を中心としたマイクロソフト製品に組み込まれた生成AIサービスであり、“AIを創る”ために用意するのが、ローコード・ノーコードでの独自のCopilotを構築するための「Copilot Studio」や、Azure上で展開する生成AIサービスである「Azure OpenAI Service(AOAI)」となる。

AI国家戦略刷新で世界ハブ目指すシンガポール、1,120億円規模の投資計画、「Better」から「Must」へ ( 2024/3/20:AMP)

 これは2023年末に刷新したAI国家戦略「National AI Strategy 2.0(NAIS 2.0)」に基づくもので、GPUの確保、AI開発センターの開設、人材育成、企業誘致などに活用されるという。シンガポールはAI国家戦略の刷新にあたりAI分野への強力なコミットメントを表明しており、この投資計画を皮切りに、今後さまざまなAI関連の取り組みが開始される見込みだ。

生成AI活用「失業への不安」 従業員で6割に、アクセンチュア調査 ( 2024/3/19:電波新聞)

 経営幹部は生成AIが企業の業務や役割に大きな影響を与える可能性があると考えているが、3分の2は生成AIを活用した全社改革を主導するために必要な技術の知識や変革に向けたリーダーシップを有していないと回答。一方の従業員は95%が生成AIの活用に価値を見出しているものの、同時に約60%が失業への不安やストレス、疲弊を感じていた。

👍YouTube、生成AIで“改変”した動画のラベル表示を開始 ( 2024/3/19:Impress Watch)

 YouTubeは、生成AIで作成し、実際の人物や場所、出来事と勘違いしやすいコンテンツについて、「改変または合成されたメディア」と視聴者に開示する仕組みを導入した。制作者ツールの「YouTube Creator Studio」に機能を追加し、「人物」、「映像」、「現実的な風景」を“生成“したコンテンツへのラベル付けを動画制作者に義務付ける。

EYSC、「マルチモーダルAI」を活用した企業の新価値創出を支援するサービスを提供 ( 2024/3/19:クラウド Watch)

 シングルモーダルAIを超える推論が行えるマルチモーダルAIの活用は、膨大なデータへの迅速かつ網羅的なアプローチを可能とし、その結果、データ全体の最適化や新たな組み合わせによるイノベーションの創出性を広げることが期待されるとしている。

マイクロソフト、「AIを使う」「AIを創る」観点から生成AIサービスの導入事例を紹 ( 2024/3/19:クラウド Watch)

 AIを使うという点では、Copilot for Microsoft 365が活用され、生成AIの評価や検証から、ビジネス実装へと進むことになる。また、AIを創るという点では、Microsoft Copilot StudioやAzure OpenAI Serviceにより、AIプラットフォームの整備から、独自AIを開発したり、より複雑なAIユースケースの実装に進んでいったりという動きがみられている」と指摘した。

生成AI「Copilot」は企業でどのように使われている? 活用事例を紹介 ( 2024/3/18:PC Watch)

 ビジネスにおける生成AIの成熟度が高まってきていることを指摘し、どのように業務に活用するかを模索する準備段階から、AIを積極的に活用して業務効率化などを図っていく段階に移行したと語った。

東大発の生成AIベンチャー、KDDIが連結子会社化…大規模言語モデル開発「イライザ」 ( 2024/3/18:讀賣新聞)

 イライザは、AI研究の第一人者である松尾豊・東大教授の研究室出身者が2018年に設立した。米メタが公開するLLMを基に、日本語性能に優れたLLMの開発に取り組んでいる。

検索ビッグデータから「隠れたニーズ」を生成AIが分析 LINEヤフー「DS.INSIGHT」に新機能( 2024/3/18:ITmedia マーケティング)

 具体的には、特定のキーワードと一緒に検索されているキーワードをマッピング形式で表示する「共起キーワード」機能での分析を生成AIがサポートする。検索キーワード同士のつながりの中から、一見してわかりづらい隠れた傾向を生成AIが考察し、テキスト形式で出力する。

👍 無償版「Copilot」でもフルタイムでGPT-4 Turboが利用可能に/「Copilot for Security」が4月1日から一般提供開始 ( 2024/3/17:ITmedia PCUSER)

 ただし、常にGPT-4 Turboが使われるわけではない。パラキン氏によると、Copilotの設定で「より創造的に(Creative)」「より厳密に(Precise)」を選ぶとほぼ完全にGPT-4 Turboが使われるが、「よりバランスよく(Balanced)」では特定の場合にのみ使われるという。

生成AI利用時のリスクを補償?「専用保険」が国内に誕生…注意すべき3つのリスクと対象となる損害を聞いた ( 2024/3/16:FNNプライムオンレイン)

 損害をカバーする、法人向けの保険が誕生した。それが、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社、株式会社Archaicが共同開発し、3月中に提供予定の「生成AI専用保険」だ。

「Copilot Pro」を「Excel」で利用--数式の作成やデータの分析をするには( 2024/3/16:ZDNET)

 月額20ドルで利用可能なMicrosoftの「Copilot Pro」は、「Microsoft 365」と統合されており、同スイートのさまざまなアプリにAI機能を提供する。「Excel」のユーザーは、Copilot Proを使用して、データのテーブルへの変換、数式の作成、データの分析、情報の並べ替えとフィルタリング、グラフの生成などを実行することができる。本記事では、Copilot Proをさまざまなタスクに活用する方法を紹介する。

相模原市長、生成AI文案を基に議会答弁 「利用実績積み上げる」 ( 2024/3/15:毎日新聞)

 市は2023年秋からNECと共同で生成AIの業務活用に向けた検証を進めてきた。今回の答弁の文案作成もその一環で、事前にAIに過去3年分の市議会の質問と答弁などを学習させたという。

CRMの生成AI機能拡充 セールスフォース、日本市場に攻勢 ( 2024/3/15:電波新聞)

 生成AIへのプロンプト(指示)をノーコードで作成するプロンプトビルダーと、ユースケースに合わせて大規模言語モデル(LLM)や予測AIモデルを選択できるモデルビルダーの2機能を加え、8日から一般提供を始めた。

👍 Copilotで画像を生成できる「Image Creator」を試してみよう ( 2024/3/15:ITmedia PCUSER)

 CopilotやCopilot in Windowsから利用できる画像生成機能が「Image Creator」(イメージクリエーター)だ。今回は同機能を使った画像生成の手順を解説する。1つ目がWindowsのデスクトップなどから呼び出して利用できる「Copilot in Windows」で使う方法、2つ目がブラウザの「Edge」から起動できる「Copilot」から利用する方法、3つ目がWebサイトとして公開されている「Image Creator」から利用する方法だ。

人型ロボットが作業しながら自然に会話--OpenAIと提携するFigureが動画を公開 ( 2024/3/15:ZDNET)

 人がFigure 01に何が見えるかを尋ねると、Figure 01が目の前のテーブルに載っているものを自然な口調で説明する様子を紹介している。これは高度な自然言語処理能力、言語能力、視覚能力を示すものだ。

GPT-5も間近!? マイクロソフトCopilotに無料版「GPT-4 Turbo」 ( 2024/3/15:ASCII)

 マイクロソフトが提供するAIアシスタント「Copilot」の無料版で、OpenAIの最新大規模言語モデル「GPT-4 Turbo」が使えるようになることがわかった。GPT-3.5ベースである「ChatGPT」の無料版と大きく差がついた形だ。

AIはソフトウェア開発の協調作業でチームプレーヤーになれるか ( 2024/3/13:ZDNET)

 しかし、生成AIを使用したアプリケーションを開発したり、それらのツールを使って働いている人々の仕事に対する影響については、ほとんど議論されていないのが現状だ。生成AIは、選んだプログラミング言語で素早くコードを生成できるようになること以外に、どんな風に技術者の仕事を変えるのだろうか。

AI、2027年に人間の知能に追いつく!? “AGIの父”が時間の問題と説明「AGIが自身の心を省みられたら」 ( 2024/3/13:よろず~)

 「人間レベルのAGIができることはかなり確かといえます。3年から8年以内にでしょうか。AGIが自身の心を省みることができた時、それは人間もしくは人間を超えたレベルの工学と科学ができることとなるでしょう」

生成AI活用の先にある、日本テレビが本当に“創りたい”もの ( 2024/3/13:ASCII)

 現在、AI活用の取り組みの第1弾として、「Mate(メイト)」という社内向けのチャットボットをVertex AIで開発中であり、2024年に入りプロトタイプもリリースした。このチャットボットでは、人の業務を奪っていくのではなく、相談できる、一緒に成長する生成AIを目指しているという。Mateでは、対話形式で翻訳や要約、マニュアル検索を依頼でき、サムズアップ/ダウンで定性評価できる仕組みも実装する。プロンプトや会話フローを内包したAPIを公開して、各業務システムから呼び出せるようにしたり、ノーコードでプロンプトやAIモデルの評価・検証ができ仕組みも盛り込む予定だ。

AIに「ITパスポート試験」を解かせてみると…… 最もIT分野に詳しいLLMは? GMO子会社が検証 ( 2024/3/12:ITmedia NEWS)

 ITパスポート試験の過去問を解かせることでIT分野の問題に対する正答率を調べた。また、ヤフー(現:LINEヤフー)と早稲田大学が2022年に開発した、日本語をどのくらい理解しているか評価するベンチマーク「JGLUE試験」を解かせて、一般常識をどの程度回答できるかも評価した。ELYZAのLLMが72.3%の精度を記録し、最も高い結果に。続いて、OpenAIのGPT-4(70.53%)とGPT-3.5(69.9%)で続いた。JGLUEの結果は、GPT-4が最も高くて95.42%を記録。次点にGPT-3.5(89.311%)が入り、rinnaのNekomata(81.68%)が続いた。

AI動画に効果音つけます 「Pika」新機能がすごい ( 2024/3/12:ASCII)

 プロンプトから動画を生成するサービス「Pika」は3月10日、動画と連動したサウンドを生成する「Sound Effects(効果音)」機能を発表。有料版ユーザーに向けて公開されている。

AIアシスタント「Copilot」の基本操作をチェック ChatGPTとの使い分けはどうする? ( 2024/3/12:ITmedia Mobile)

 Microsoftは、同社製のブラウザ「Edge」などにひもづいたAIアシスタント機能として「Microsoft Copilot」(以下、Copilot)を提供している。この機能は「ChatGPT」に近い感覚で利用できる上に、ChatGPTの有料プランで使える上位モデル「GPT-4」をベースにしており、さらにネット上の最新情報も結果に反映されるなど、ユーザーにとってメリットが多い

話題のチャットAI「Claude 3」のプロンプト集、公式が公開中 「Excelの数式作って」など64種 ( 2024/3/11:ITmedia NEWS)

 例えば、入力した材料や好みに応じた料理レシピを提案する「料理クリエイター」などのプロンプトを公開している。プロンプトは「システム」と「ユーザー」の2つに分かれ、まず前者でAIに指示し、次に後者でユーザー個別の条件や要件を伝える仕組み。

AIの普及によって生み出される新たな仕事とは ( 2024/3/11:ZDNET)

 「1つ目は、AIのスペシャリストとも呼べる人材であり、機械学習(ML)からニューラルネットワーク、大規模言語モデル(LLM)といった、AIに関して広範な訓練を積んでいる人たちがこれに相当する」と説明した。AI関連における2つ目の人材は、さまざまな業務や管理にまつわる役割とより密接に関わり合っているという。プロンプトエンジニアリングも、AI時代におけるホットで新たな仕事だ。

IBM、生成AIで開発/運用を「変革」するソリューションを体系化 ( 2024/3/11:ASCII)

 日本IBMでは、現在のIT業界が解決すべき課題として「工数依存からの脱却」「有識者依存からの脱却」「研鑽/業務余力の確保」の3点を挙げる。その解決のためにはエンドトゥエンドでのIT業務変革が必要であり、その実現によって新たな価値創造が実現すると考える。

iPadでChatGPTを便利に使うために知っておきたい10のポイント ( 2024/3/10:GP)

 iPadで生成AIを使ったら便利かも?」と思ったら、すぐに試しましょう。以前から「ChatGPT(チャットジーピーティー)」はアプリで使えるようになっています。毎回ブラウザで開かなくて良いので、使い勝手も結構良いんです。ポイントを押さえて使いさえすれば、iPadでの作業能率をグッとUPしてくれるでしょう。

「GPT-4超え」とうわさのAI「Claude 3」を試す 仕事は任せられる? 若手記者の所感 ( 2024/3/9:ITmedia NEWS)

 Claude 3は、結構雑なプロンプトでも「もしかしたら10の労力が7とか6くらいにはなるかも」というアウトプットが出てくる。その性能はSNSでも注目を浴びており「ようやく本物の“GPT-4超え”が出てきた」と話題だ。せっかくなので、記者歴7年の筆者から見た、Claude 3の文章力についてちょっと語ってみる。

生成AIにも性偏見?男性は医師や教師 女性は料理人…ユネスコ調査 ( 2024/3/9:ITmedia NEWS)

 性別や人種など異なる属性の人物を主人公にした物語の作成を指示すると、いずれのAIも「エンジニア」「教師」「医師」など社会的地位が高いとされる仕事を男性に与える傾向を示した。一方、「使用人」や「料理人」「売春婦」など社会の中で伝統的に低い地位に見られてきた職業を女性に与える傾向が強かった。メタのAIでは、女性は男性の4倍の頻度で家事労働者として描かれたという。

生成AIの進化が広告業界にもたらす2つの課題 自主的に広告が作れる時代に代理店を通す意味 ( 2024/3/9:東洋経済)

 そもそもネット広告には、Yahoo! などのポータルサイトや新聞・雑誌などネットメディアの広告枠を指定して出す「純広告」と、複数のメディアにネット広告を一括で出してくれる「アドネットワーク」などの「運用型広告」があるが、現在は後者が主流になっている。ChatGPTなどの生成AIの技術によって、すでに広告制作プロセスの大半が自動化されていることが報じられている。これにより、バナー広告やリスティング(検索連動型)広告に代表されるネット広告において、商品・サービスの魅力や特長を端的で分かりやすい文章で表現するキャッチコピーを、大量に自動生成することが可能になっている。加えて、広告映像の編集作業の一部を担うようにもなってきている。

生成AIはヒトの仕事を「奪わない」 弁護士が語る“超少子高齢化”時代の人工知能との共存共栄 ( 2024/3/8:弁護士JPニュース)

 果たしてこの最新のテクノロジーは、今後、エンターテインメントやアートの世界に大きな変革をもたらすことになるのか。あるいは、現時点で注意すべき問題やリスクがあるとすれば、それはいったいどういうものなのか。『AIガバナンス入門 リスクマネジメントから社会設計まで』(ハヤカワ新書)の著者、弁護士で京都大学特任教授の羽深宏樹氏に、法律の専門家の立場から解説してもらった。

AIツールは本当に人間の仕事を奪ってしまうのか…AIの影響を最も受ける「4つの分野」をNYタイムズの記者が解説 ( 2024/3/7:文春オンライン)

 マッキンゼーの調査によると「最も影響を受ける分野が4つある」と言います。それは「カスタマーサービス」「マーケティングと営業」「ソフトウェア・エンジニアリング」それに「研究開発」の4つの分野です

日本企業の3割、生成AI活用「知らない」 JEITAが日米デジタル経営調査 ( 2024/3/6:電波新聞)

 生成AIの想定用途については、「知らない」と回答したのは企業は米国が1%前後だったのに対し、日本は3割を数えた。さらに米国企業は4割前後が「現在活用中」と答え、米国企業が先端技術を積極的に取り入れている実態が浮かび上がった。

対話型AI「Microsoft Copilot」はどう使う? マイクロソフト開発者が伝授する“プロンプトのコツ” ( 2024/3/6:Mobile)

 Microsoft Copilotの特徴として、検索エンジンとの統合が挙げられる。GPT-4を核としながらも、「Prometheus」という基盤技術によって検索エンジンと連携する。つまり、ユーザーの質問を検索クエリとして読み解いて、AIが検索結果をまとめる機能が組み込まれている。

胃カメラ画像のAI解析で“がん見逃しゼロ”目指す、AIメディカルがAI医療機器発売 ( 2024/3/6:ASCII)

 医療AIスタートアップのAIメディカルサービスが、胃カメラ検査(上部消化管内視鏡検査)中に、画像のAI解析によって早期胃がんの病変候補を検出して医師の診断補助を行う「内視鏡画像診断支援ソフトウェア gastroAI-model G」を発売した。厚生労働大臣からプログラム医療機器としての承認を受けた“AI医療機器”となる。

生成AIを使いこなす効果的な「プロンプト」の基本のキ 書き方のコツを日本マイクロソフトが説明 ( 2024/3/5:PCUSER)

 プロンプトとは、Copilotのような生成AIに投げかける質問のことだ。知りたいことや実行したいタスクを自然な言葉でCopilotにお願いできるということは間違いないのだが、どうすれば必要な答えを求める形で得られるのか、理解しておくと最終的な結果は異なってくる。

AIがプロンプトや動画から3Dモデルを生成する「Luma AI」のツールが結構使える ( 2024/3/5:窓の杜)

 執筆時点では、テキストからモデルを生成する「Genie」と、動画や画像群からインタラクティブな3Dシーンを再生成できる「Interactive Scenes」が利用できます。トップページの下の2つの扉をクリックして移動できます。

Microsoft、「Copilot in Windows 11」の新機能を発表 ~あらゆる場面でAI活用を加速 ( 2024/3/4:窓の杜) 

 プラグイン」はAIチャットをアプリに接続して、特定のトピックに関する回答を改善する機能で、レストランの検索・予約であれば「OpenTable」、食料品の注文・配達であれば「Instacart」(日本未提供)が利用できる。3月中には「Shopify」、「Klarna」、「Kayak」といったパートナーからも「Copilot in Windows」プラグインが追加される予定だ。

生成AIの認知度は約9割、「ChatGPT」は73.8%、「Bing」は37.3%--ドキュサインが調査 ( 2024/3/4:CNET Japan) 

 知っている具体的な生成AIサービスの名称も聞いている。「ChatGPT」が73.8%と圧倒的に高く、Microsoftの「Bing」が37.3%と続く。そのほかGoogleの「Bard」(現在は『Gemini』)、「AIチャットくん」なども25%強を集めたが、ChatGPTに比べると認知度は低く、ChatGPTが生成AIの代名詞のようになっているとしている。

AI開発は技術スキルがなくとも可能か--多様な基礎知識が重要となる理由 ( 2024/3/4:ZDNET) 

 米国の複数の有名大学が人工知能(AI)関連の職能開発コースを開講しており、プログラミング経験や開発経験はほぼ不要だとうたっている。例えば、ペンシルバニア大学の24週間にわたる集中講座は「プログラミング経験は一切不要」だとしており、マサチューセッツ工科大学(MIT)の12週間にわたる講座もノーコードソフトウェアによるAIソリューションの構築方法を学べるとしている。

動画生成AIの常識を破壊した OpenAI「Sora」の衝撃 ( 2024/3/4:Web担当者Forum) 

 OpenAIが2月15日に動画生成AI「Sora」を発表して世界中が大騒ぎになりましたよね(ニュース記事)。生成可能な動画は最長で60秒間。人物や空間の一貫性を保持しながら、物理法則を伴って動いているように見える。これまで動画生成AIでは不可能とされていたことがすべてできていて、常識がひっくり返されました。

👍生成AIを活用して、SNSマーケティングをもっと効率的に! 質も向上!【2024最新版】 ( 2024/3/4:Web担当者Forum) 

 SNS分析ツールを用いることで、過去の投稿のパフォーマンスを分析し、良い反応を得られたトピックや投稿スタイルを把握することもできます。これを参考にして、記事の設計を最適化することが大切だと思います。

「AI」に「プログラミング」を教わる「衝撃的な時代」が到来…「ChatGPT」で「Python」を勉強する「スゴイ方法」 ( 2024/3/2:現代ビジネス)

 プログラミングの勉強は一人だと環境構築が面倒だったり、わからないところを1人で調べるのが面倒だったりと挫折しやすいものです。でも心配することはありません。ChatGPTは、そんなあなたのための専属の家庭教師であり、最適な学習環境になるのです。AI時代のプログラミング教育にチャレンジしましょう! 

AI、ついに“ラーメンそのもの”を作り始める 国内最大級スタートアップイベントで「AI考案ご当地ラーメン」 ( 2024/3/2:ASCII)

 東京の「百麺」(宮田朋幸店主)、埼玉の「中華そば四つ葉」(岩本和人店主)、千葉の「魂麺」(山西一成店主)といった人気実力店と、前橋のラーメン店「とりよしらーめん」(湯浅恒彦店主)「アンドレカンドレ」(藤沢克成店主)がタッグを組んで、AIと対話しながら前橋のご当地ラーメン作りに挑戦。AIから提案されたおよそ1000種類のレシピを店主たちが厳選し、試作を重ねて新たなご当地ラーメンを完成させました。

オープンAI、マスク氏による提訴に「断固として異議を唱える」 ( 2024/3/2:Bloomberg)

 オープンAIのジェイソン・クォン最高戦略責任者は、同社がマイクロソフトの「事実上の子会社」だとマスク氏が示唆したことに反論し、同氏の主張は「現在当社に関与していないことへの後悔からきているのかもしれない」と指摘した。

マスク氏、オープンAIとアルトマンCEOを提訴 契約違反で ( 2024/3/2:REUTERS)

 訴状によると、マスク氏は2015年にオープンAIの設立を支援。その際、アルトマン氏は「人類のため」にAIを開発するオープンソースの非営利企業を設立するとマスク氏に説明した。マスク氏の弁護士は、マイクロソフトが出資するオープンAIが営利を追求しているのは契約違反だと主張している。

生成AI、人型ロボ登載へ 米新興が1000億円調達 オープンAIから ( 2024/3/1:時事通信)

 生成AI(人工知能)を搭載する動きはスマートフォンやパソコンだけでなく、ロボット分野でも本格化してきた。調達した資金はAIの学習に加え、ロボット製造や商用化の加速、人材採用の強化に使われる。生成AI「チャットGPT」を手掛けるオープンAIとは、生成AIの基盤モデルを人型ロボット向けに開発する。 

なんと「AIに丸投げ」で「アプリ」が作れるスゴい時代が来た…意外と知らない「ChatGPTの使い方」 ( 2024/3/1:現代ビジネス)

 簡単なブラウザアプリでも、プログラミングのコードをゼロから書くのは面倒ですし、プログラミングの知識がないと作り上げることはとても難しいです。ChatGPTにプログラミングのコードを書いてもらいファイルに書き出してもらえば、それをダウンロードしてブラウザで開くだけで使うことができます。自分の細かいニーズに対応した簡単なアプリケーションというのは

生成AIを使わないビジネスパーソンに未来はない ならば、何をどこまで知っておけばいいのか ( 2024/3/1:東洋経済)

 2022年後半頃より、生成AI、特にその代名詞といえるOpenAIのChatGPTをいかに使えばいいかという書籍や記事をあちこちで見かけるようになりました。我々グロービスでは、今後ホワイトカラーのビジネスパーソンが生成AIを活用することは当たり前のこととなり、それをうまく活用できる人と使いこなせない人の間での優勝劣敗が加速すると予測しています。

普段の仕事に“AI副操縦士” Windowsで「Copilot」はどう使えばよい? 5つの基本用途をチェック ( 2024/2/29:ITmedia NEWS)

 Copilotを利用するには、具体的に、デスクトップ下部に表示されるタスクバーから「Copilot」のアプリアイコンをクリックするか、「Windows」+「C」キーを同時に押下するなどしよう。デスクトップ画面の右端にCopilotを扱うためのサイドバー(サイドパネル)が表示される。このサイドバー下部にあるチャットボックスに「プロンプト」(指示や質問のテキスト)を入力すればよい。

LINEヤフー「生成AIを日本で一番活用している会社」宣言 年間収益約1100億円増を狙う ( 2024/2/29:ASCII)

 生成AIに社をあげて注力するLINEヤフー。その大きな理由のひとつは生産年齢人口減少による労働力低下だ。2020年におよそ7500万人だった日本の生産年齢人口だが、2040年には6000万人まで減少すると予測されている。

「生成AIで業務の4割が自動化される可能性も」--アクセンチュアの推測を考察する ( 2024/2/29:ZDNET)

 「生成AIが登場して1年余り。特に『ChatGPT』が誰でも使えたことから、そのすごさを多くの人が体感し、大きな話題になった。これを企業の中でどう生かしていけるのかについてもこれまで試行錯誤を重ねてきたが、そろそろしっかりと業務に組み込んで効果を生み出していこうという段階に入ったのが、まさしく2024年だ」

アクセンチュア流「AIとの8つの融合スキル」とは? トップが示す生成AI仕事術 ( 2024/2/29:ビジネス+IT)

 ChatGPTは公開から3カ月ほどで、「MBA最終試験の解答がB(合格レベル)評価を獲得」「米司法試験の解答が上位10%のスコアを獲得」「日本の医師国家試験に合格」したほどの実力を持つ。あまりのスピードの速さに「生成AIスキルが陳腐化するのでは」と憂慮する声もある。では陳腐化しない生成AIスキルとは何か?

Google Cloud、生成AI関連の企業向けソリューションについて紹介する「Generative AI Summit Tokyo '24」を開催 ( 2024/2/29:FINDERS)

 「Generative AI Summit Tokyo '24」 では、「触ってみる」 段階から、「生成 AI を活用したアプリケーションやソリューションを開発する」 段階に移行するためのヒントや、開発者、IT 企画、ビジネスまで広く利用できる生成 AI 関連の企業向けソリューションについて紹介する。また、デモブースも設けられ、Vertex AI Studio を使ったマルチモーダルのユースケースデモや、開発効率化支援のデモ、Gemini in Looker のデモも体験することが可能だ。

OpenAIの最新動画生成AI・Soraは「脅威」なのか?その仕組みと、できること・できないこと 2024/2/28:lifehacker)

 Soraの紹介ページには、イタリア・マルフィ海岸に建つ由緒ある教会の「ドローン映像」や、旧正月を祝う人々のパレード、雪景色の東京の街並みを映したトラッキングショットといった動画が紹介されています。これらはどれも、一度見ただけでは、誰の目にも本物にしか見えないでしょう。私などは、AIが生成したとわかっていても、いまだにそう思えないものもあるほどです。たとえ、作成されたアセットが歪んだりずれたりなど、AIによる不具合があったとしても、動画圧縮のせいに見えます。

生成AI活用の幼児向け新サービス「AIしまじろう」が登場 ベネッセとソフトバンクが共同開発した理由は ( 2024/2/28:ITmedia PCUSER)

 子供とAIしまじろうが自由に会話を楽しむおしゃべり機能の他、「ごっこ遊び」「うた」「おはなし」といったあそび機能が用意されている。子供側から話しかけなくても、生活習慣を身に付けさせられるような言葉の投げかけや、年齢に合わせたテーマで話しかけるなど、子供の語彙(ごい)が自然に増えるような工夫を施しているという。英語によるやりとりにも対応しており、英語に触れる機会も増やせる。しまじろうとの会話で見えてきた子供の興味や感情を分析し、専用サイトで可視化できるレポート機能を提供する。子供の興味関心を知れることで、保護者と子供の時間を、より質の高いものへと変えられるとしている。

おしゃべりAI「Cotomo」が衝撃的! 無料アプリなのに速い応答速度、自然な相づちまでしてくれるなんて…… ( 2024/2/28:ITmedia PCUSER)

 「Cotomo」は、ゆるーい雑談から悩み相談まで、身近な話し相手になる音声会話型おしゃべりAIアプリ。「App Store」から無料でダウンロード可能で、iOS 16.0以上のiPhoneで利用できます。Android版はまだ配信されておらず、公式サイトではアプリの開発状況を受け取るためのメールフォームが公開されています。

生成AIおじさんをおじさん好きが作るとどうなる?(第2回) なぜおじさんを生成するのか ( 2024/2/27:TECHNOEDGE)

 画像生成AIは魔法の道具ではありません。その仕組みに解明できていない部分はあっても、無から画像を生成するわけではないのです。今広まっている画像生成にも手法は幾つかありますが、大量の既存の画像を解析し、その表現が持つ何かしらの特徴を蓄積し、それを元に再表現を行うという点は共通しています。なおその解析等の処理は一般的に「学習」と呼ばれています。

Copilotの「トーン」を変えると結果はどう変わるのか? 実際に試してみた ( 2024/2/27:ITmedia PCUSER)

 Windows 11では、生成AIを活用したチャットbot型のアシスタント機能「Copilot」が導入され、特にOS標準の機能として使えるCopilotを「Copilot in Windows」と呼ぶ。このCopilot in Windowsのチャットでは、「会話のスタイルを選択」というメニューが表示され、具体的に3種類のスタイルを選択できるのが特徴だ。

日本企業、生成AI投資わずか2% レノボ調査、本格導入は24年から ( 2024/2/27:電波新聞)

 生成AIへの投資をみると、日本企業の79%が24年に投資を予定する一方、投資済みと回答したのはわずか2%だった。投資済みと答えたのは韓国が33%、インドが28%、ASEAN諸国が11%だったの比べ大幅に低かった。

グーグルが最新AIモデルGemmaを「オープンモデル」で公開した背景 ( 2024/2/27:Forbes)

 グーグルはGemmaを完全なオープンソースとして公開するのではなく「オープンモデル」と呼んでいる。「これは、モデルのウェイトや事前に訓練されたパラメータは利用できるが、実際のソースコードや訓練データは利用できないことを意味する」とグーグルの広報担当者のジェーン・パークは説明した。

「AI」に全方位でヤラれつつある「人類」の末路…それでも「人間にしかない能力がある」と言い切れるワケ ( 2024/2/27:現代ビジネス)

 《人間の頭は、決していい加減に忘れているのではない。自分にとって「意味のあるもの」と「意味のないもの」を区別し、意味のないものを忘れていく。ここに個性があらわれる。これはコンピューターには、できない機能である。/われわれは、この選択的忘却をフルに働かせることでコンピューターとわたり合える。》

世界の雇用60%に影響するAI、格差拡大の可能性も 最新調査が示唆するAIインパクト ( 2024/2/27:AMP)

 「やがて仕事をする必要がなくなる日が来る。お望みとあらば仕事をすることも可能だがそれは自己満足のため。AIがすべてやりこなせるだろう」とマスク氏は語り、「人間にとってこれは良くも悪くもある。(仕事以外に)人生の意味を探し出すこと、これが将来の懸念になってくるだろう」とした。

グーグル最新AI「Gemini」でGmailを使うとAIが本文を書いてくれる――MWCで披露されたグーグル最新技術( 2024/2/26:ケータイ Watch)

 Gmailでは、「提案を作って」「お礼のメールを」「バルセロナの旅行計画を書いて」などとGeminiに依頼すれば、すぐ生成される様子が披露された。クラウドで動作するものだが、現時点では英語のみサポート。今後、日本語を含む多言語対応が見込まれており、今回の展示は、未来をいち早く体験できる機会でもある。

松尾研究所、テックブログを開設 エンジニアなど募集中 ( 2024/2/26:ITmedia NEWS)

 東京大学大学院でAIを研究する松尾・岩澤研究室とビジョンを共有する企業・株式会社松尾研究所は2月26日、テックブログを開設した。ブログを通じ、知見の社会への還元、ブランディング、仲間づくりを目指すという。

AIの筋トレはいまから始めるべし、マイクロソフト津坂社長がCopilotの議論から得たもの ( 2024/2/25:ASCII)

 Copilotを通じて、出席できなかった会議の議事録をもらい、その内容を2分程度で把握。それによって、情報収集の範囲を広げているという。また、参加した会議の日本語の記事録を英語に変換して、海外拠点に送るといった使い方のほか、会議の精度分析にも活用。受信したメールに関してもCopilotの指示により優先度が高いものから効率的に業務をこなしているという。また、顧客先を訪問する際には、競合状況を確認したり、最近のプレスリリースをまとめてもらったりといったことをCopilotに頼んでいるという。これにより、スタッフの資料作成の時間を削減したり、情報の鮮度向上にもつなげたりしているという。

AIという大きな変革期に挑む--アバナードの鈴木社長 ( 2024/2/25:ZDNET)

 アバナードは、コンサルティングファームのAccentureとMicrosoftの出資で誕生した企業だ。同年11月1日に提供が始まった「Copilot for Microsoft 365」についても、同時に6つのサービスを行うことを発表している。アバナード自身が2023年2月に始まったCopilot for Microsoft 365に関する広範なテストに参加しており、従業員はツールを使用して、6週間以内に1日当たり最大2時間の節約を実現したという。

OpenAIが動画生成ツールを発表 ハリウッド映画にも影響大か( 2024/2/25:映画.com)

 同様の動画生成ツールはこれまでにもあったが、OpenAIのシステムは、膨大な労働力を削減する可能性を秘めた技術の急速な成長を象徴しており、エンターテインメント業界におけるAI活用がさらに促進されるとみられる。1月に発表されたハリウッドのリーダー300人を対象にした調査では、回答者の4分の3が、AIツールが自社の雇用の廃止・削減・統合に促すと回答したと報告されている。今後3年間で20万人近くのポジションが悪影響を受けると推定されている。

イーロン・マスク、グーグルのAIを「非常識で人種差別的」と非難 グーグル検索も攻撃 ( 2024/2/24:Forbes)

 グーグルに対しては、GeminiのAI画像生成機能をめぐり、多様性を意識しすぎているとして激しい反発が起きている。歴史上の人物として生成された画像が、歴史的に不正確な人種や性別で描かれることが発覚し、誤解を招くと批判が殺到。同社は人物画像の生成機能を一時停止すると発表した。マスクはこうした動きを受け、「問題はGeminiだけでなく、グーグル検索にもある」とX(旧ツイッター)に投稿。グーグルはAI画像生成に関して「勇み足を踏んだ」との見方を示した。

動画生成AI 「Sora(ソラ)」 閣僚から“悪用への懸念”相次ぐ【WBS】 ( 2024/2/24:テレ東BIZ)

 「東京近郊を走る電車の窓に反射」と入力し生成された映像には、車窓に一瞬映る女性の様子が描写されています。映像のクオリティはこれまでよりも遥かに高く、時間も既存のAIは数十秒程度が多い中、1分間の動画が作れます。ただ、一方でよく見ると、看板の文字など所々に違和感も。オープンAIは「Sora」を芸術家や映像制作者に限定公開。リスクや安全性を今後検証していくとしています。

今更聞けない「生成AI」のトレンド 激動の1年を振り返る【後編】 ( 2024/2/23:Fav-Log)

 Copilotには、(1)Webサービス版、(2)アプリ版、(3)WebブラウザEdge上に組み込まれたもの、(4)OSに組み込まれた「Copilot in Windows(コパイロット イン ウィンドウズ)」、(5)「Microsoft 365」にひも付いた「Copilot for Micosoft 365」――など複数の形態があります。2024年1月には有料サービスの「Copilot Pro」も提供が開始されましたので、こちらも合わせて認識しておきましょう。

グーグル、対話型AIジェミニの人物画像生成機能を一時停止…歴史上の人物の描写に不正確さ ( 2024/2/23:Forbes)

 SNSへの投稿や米メディアによれば、ジェミニに「米国建国の父」の画像を生成するよう指示すると、黒人やアジア人など、非白人の見た目をした人物が描かれるという。SNS上では、グーグルが人種差別のリスクを過度に恐れ、歴史的事実と異なる画像を生成しているとして批判が集まっていた。

AIを活用した事業構想の「可能性と限界」 ( 2024/2/23:Forbes)

 「AIは、画期的なイノベーションの核心となることが多い偶発的な発見や関係を、完全に体系化することはできません」と語る。「AIはイノベーションのための貴重なツールですが、人間の技能や創造力と組み合わせて、包括的なアプローチをとるべきです」。

Geminiの画像生成機能が停止中 ダイバーシティ過剰適応問題対策で ( 2024/2/23:ITmedia NEWS)

 米Googleは2月22日(現地時間)、マルチモーダルな生成AIツール「Gemini」で人物の画像を生成する機能を一時的に停止し、「一部の歴史的描写における不正確さ」を修正すると公式Xアカウントで発表した。

AI動画を見て震えが止まらない。OpenAIがTikTokアカウントを開設 ( 2024/2/22:GIZMODO)

 自動車が走るレーシングゲームのような映像ですが、場所や季節だけではなく年代に合わせたシチュエーションに変えられたり、近未来都市やゲーム『マインクラフト』のように世界感をガラっと変えることができるデモ。

不退転の覚悟でAIに取り組んでいる――、米Microsoft・沼本健CMOが示したAIへの意気込み ( 2024/2/22:クラウド Watch)

 具体的には、「生成AIの普及戦略で重視しているのは、市場にCopilotを浸透させるスピードである。有料版がいくつ売れたかといった指標だけで評価するのではなく、無料版のCopilotの利用者をいかに増やしていくかも重要な要素である。無料での利用が増えれば、有料版の利用を広げるベースになる。2024年2月のスーパーボールで放映したMicrosoftのCMでは、最後のメッセージで、iOSとAndroidのモバイルアップをダウンロードしてほしいと呼びかけている。PCだけでなく、スマホの無料利用者を増やすことも、事業拡大の基盤になる」と話す

【EC向けChatGPT活用】手間をかけずに高品質な「プレスリリース」「お知らせ欄への投稿」を生成AIに作ってもらう方法は? ( 2024/2/21:ネットショップ)

 たとえば、新商品の取扱開始。本来であれば、見込み顧客、潜在顧客とコミュニケーションを図る絶好のチャンスです。しかし、忙しくて、商品を追加し、トップバナーの変更やお知らせ欄への追加で精一杯……という現場担当者は少なくないでしょう。「本当はいろいろやりたいのに……」。こんな悩みを解決するのが、文章生成系AI、つまり「ChatGPT」です。

Google『Gemini』、OpenAI『ChatGPT』、Microsoft『Copilot』……3社の有料プランを比較 ( 2024/2/21:Real Sound)

 Googleは2月8日、最上位に位置づけられる会話型生成AI『Genimi Advanced』を発表した。会話型生成AIの名称も「Bard」から「Gemini」へと変更されており、「Advanced」は有料にて利用可能だ。

“恋愛相談でAIの回答は役に立たない”「みんなの恋愛相談」によるAIの有用性についての調査結果が明らかに ( 2024/2/20:窓の杜)

 相談者自身がベストアンサーとしてAIによる回答が最も役に立ったと選んだのは、全体の4.6%に過ぎなかった。一方で、別途行われた「恋愛相談においてそもそもAIの回答は有用なのか」を参考調査した簡易アンケートでは、82.1%のユーザーがAIの回答が有用だと評価したという。

パーソルホールディングス、生成AIの知識・活用スキル向上のアップスキリングを推進( 2024/2/20:ZDNET)

 研修・社内勉強会・資格取得などにより、生成AIについての知識・活用スキルを習得した社員は、社内GPTを活用して、メール文章作成、議事録作成・要約、英文の作成、企画のアイデア出しなどを行っている。そのほか、営業アポイントのテーマ検討、営業トークスクリプトの作成、ソースコードの分析・修正など、業務への活用を拡大しているという。

Z世代は上司よりChatGPTに「キャリアアドバイス」を求める ( 2024/2/20:Forbes)

 ChatGPTは登場以来、瞬く間に世界を席巻した。この大規模言語モデルは、わずか5日間で100万以上のユーザーを獲得したのだ。ユーザー数は爆発的に増えて現在は1億8000万人を超え、さらに増加中だ。ChatGPTの用途は無限で、コードの開発、履歴書の作成、さらには音楽の作曲まで行える。そして今、一部の人たちがキャリアアドバイスのためにChatGPTに頼るようになっている。

ユーチューバーも映画監督も失職する? OpenAI社の動画生成AI「Sora」の衝撃 専門家「10年後の技術がもうやってきてしまった! ( 2024/2/20:ABEMA TIMES)

 一般公開はまだだが、「Sora」に簡単なテキストを入力するだけで60秒の動画が生成できる。例えば、「スタイリッシュな女性が東京を歩いている」などと打ち込むと、東京のような街を女性が歩き、途中で顔がアップになるという構成面でもクオリティの高い、まるでCMのような動画が生成される。

日立と名鉄、生成AIを活用した社内文書の有効活用に向けた技術検証を実施 ( 2024/2/19:Watch)

 名鉄とメイテツコムは、生成AI活用における技術検証のパートナーの1社に日立を選び、社内文書の有効活用による業務効率化に向けた検討を開始した。日立は、AIの業務適用実績やデータサイエンスの知見を生かし、導入に向けたコンサルティングからユースケースの検討、Microsoft Azure OpenAI Serviceを活用したセキュアな検証環境の構築、知識データベースの作成、導入効果の評価検証を支援した。

ChatGPTの「旅のアドバイス」は完璧にはほど遠い、旅行専門家が指摘 ( 2024/2/18:Forbes)

 観光施設の料金を抑える手法として、ChatGPTは次のような提案をした。 「観光施設によっては、観光客がボランティアで臨時ガイドをすることができます。時間と知識を提供する代わりに、入場料が無料になったり、特別なサービスが受けられるかもしれません」このような手法がすぐさま問題を引き起こす可能性があることは容易に想像がつく。

「GPT-4」で広告運用実績を分析 アイレップ、「iPalette」にAI分析機能を追加( 2024/2/18:ITmedia マーケティング)

 OpenAIが提供するLLM「GPT-4」を活用し、広告の運用実績を自動で分析する。この分析機能により、広告の運用実績から数値的事実や因果関係を推察できるようにする。分析の速度と精度を高めることで、意思決定の質を上げるだけでなく、意思決定の量も拡大させる狙いがある。

「現実かと思った」――文章で動画を作成、最新 AI「Sora」とは 専門家に聞く…“フェイク”を見分けるポイントは ( 2024/2/17:日テレNEWS)

 ChatGPTを生んだオープンAIが開発中の、最新AI「Sora(ソラ)」。そのデモ映像が公開され、再現性の高さに驚きの声が上がっています。文章で指示することで、簡単に最長1分の映像を作れます。危険性も踏まえ、どう付き合うべきでしょうか?

マインクラフトのプレイ映像……?→実は生成AIが作った“偽動画” OpenAIの「Sora」に驚きの声相次ぐ ( 2024/2/16:ITmedia NEWS)

 米OpenAIが発表した動画生成AI「Sora」がX上で話題になっている。同社が2月15日(現地時間)に突如発表したもので、プロンプトで指示するだけで最長1分ほどの動画を作れるという。サンプルとして「ゲーム『Minecraft』を再現した動画」など複数の映像を公開しており、そのクオリティーの高さにXでは驚きの声が相次いでいる。

👍ChatGPT開発のOpenAI、動画生成AI「Sora」発表 文章から最長60秒の動画を生成 ( 2024/2/16:ねとらぼ)

 Soraは入力したテキストから最長60秒の動画を生成。詳細な場面や複雑なカメラの動きなども表現できるとしています。OpenAIはサンプルとして、「雪が積もった美しい東京の街がにぎわっている。カメラは、雪景色を楽しんだり、近くの店で買い物する人たちを追いながら通りを抜けていく。美しい桜の花びらが風に乗って雪片とともに飛んでいる」というテキストから生成した動画を公開しています。

👍AIは開発者とビジネスユーザーのコラボレーションを加速する( 2024/2/14:ZDNET Japan)

 今のソフトウェア開発者は積極的にAIツールを使っており、同時にAIシステムを構築する立場になることも多い。Stack Overflowが数カ月前に開発者9万人を対象として実施した調査では、回答者の70%が開発プロセスでAIツールをすでに使用しているか、今後使用する予定であることが明らかになった。

ライフの生鮮部門、AIで需要を予測して発注へ ( 2024/2/13:PC Watch)

 販売実績や気象情報などをもとに商品発注数をAIで予測するサービス。3週間先までの各商品発注数量を算出し、異常値を確認することで発注の精度を向上させるほか、AIによる精度の高い発注で廃棄ロスの削減、AI導入による人手不足の解消などの効果を発揮する。

YouTube、「創造性を強化するAI」「クリエイターの多様な収益化手段」など2024年の投資対象4点を発表 ( 2024/2/13:PC Watch)

 YouTubeでは、何年も前にYouTube を立ち上げたときと同じ使命、つまりクリエイターの創作活動を支援するという目的からAIの進歩に取り組んでいるとし、「AIは人間の創造性に取って代わるものではなく、人間の創造性をサポートするものであるべき」と強調している。

[New門]AIアナは間違えない、ニュースを読む声も違和感なく「まるで人間」( 2024/2/11:読売新聞)

 NHKニュースで「AIアナウンス」が活用されている。AI(人工知能)による音声だが、テンポも声の高低も耳に心地よい。もちろん正確で、読み間違えはない。いつか人間のアナウンサーに代わる日が来るだろうか。

ChatGPT使った小説が芥川賞受賞「本が売れたのはよかったんだけど…」九段理江さん、AIの先の人間見つめる ( 2024/2/10:HUFFPOST)

 「執筆中もずっとChatGPTに取材しながら書いていました。例えば、『こういった人物が小説の中に出てきたら、読者はどう感じますか?』『この文体は、どう思いますか?』と。会見で咄嗟に5%と言ったのは、私の中では5%ぐらいという感覚は、やっぱりあったんですよね」(九段さん)

グーグル、対話型AI「バード」を「ジェミニ」に変更 専用アプリも ( 2024/2/10:朝日新聞)

 米グーグルは8日、同社の対話型AI(人工知能)「Bard(バード)」の名称を「Gemini(ジェミニ)」に切り替えると発表した。スマートフォンの基本ソフト(OS)の「アンドロイド」向けには専用のアプリも公開する予定で、AI機能を強化することで検索などの利便性を拡充させる。

AI秘書、お披露目 マラソン大会の“アツい”市長あいさつ生成 ( 2024/2/10:毎日新聞)

 「北九州マラソン」でのあいさつ文を作成するデモンストレーションもあり、1分ほどで「沿道の応援、ランナーの熱い思い、それぞれのストーリーに触れながら、北九州の魅力を再発見していただければ幸いです」といった文章が出来上がった。

「メモ帳」にAI機能、選択テキストの説明を「Copilot in Windows」に依頼 ( 2024/2/9:窓の杜)

 テキストファイルの内容をすばやく理解するのに役立つ新機能が追加された。選択テキストの右クリックメニューから[Copilot で説明する](Explain with Copilot)コマンドを選択すると、当該テキストを「Copilot in Windows」へ送り、解説を依頼することができる。

「Facebook」や「Instagram」、AI生成画像にラベルを追加へ ( 2024/2/8:CNET Japan)

 生成型の人工知能(AI)によって、人間が実際に撮影したかのようなリアルな画像が作成可能になり、何が本物で何がAIで生成したものかが判別しにくくなっている。Metaはこの状況を受け、偽情報に対抗するために、AI生成画像に関するいくつかの取り組みを発表した。

ライオン、AIで瞳の状態をスコア化する「スマイル角膜チェッカー」 ( 2024/2/8:impress Wattch)

 「瞳のAIチェック」は、スマートフォンで瞳の写真を撮るだけで角膜と涙の状態をスコア化し、トータルスコアを5段階で表示。その後、「目薬検索」で自身が悩んでいる症状や清涼感の好み、コンタクトの有無などの使用シーンなどを画面に表示される項目にしたがってチェックを入れることで、ニーズに合わせてスマイルブランドの目薬が提案される。

AIインフルエンサーのライブコマース支援サービス提供開始 ( 2024/2/8:ASCII)

 気に入ったものを購入できるライブコマース市場は拡大し、化粧品・コスメやアパレル、インテリアなど、さまざまなカテゴリーで実施されている。しかし、ライブ配信はパーソナリティーの選定やスケジュール調整が難しいことに加え、カメラやマイクといった設備に高いコストがかかるといった課題があるという。

👍Copilot in Windowsで使えるテキスト以外の入力方法3選( 2024/2/7:ITmedia PCUSER)

 Microsoftは、生成AIを活用したアシスタント機能「Copilot」を展開している。特に、Windows 11のOS標準機能として使えるCopilotを「Copilot in Windows」と呼ぶ。このCopilot in Windowsでは、ChatGPTのように入力したテキストに対して出力を返してくれる──というのが基本の使い方となるが、テキスト入力以外の使い方もいくつかのバリエーションがある。音声入力を使ってラクをする、画像を入力して内容を尋ねるなどがある。

Meta、インスタやFacebookへのAI画像投稿に「AI」ラベル表示 ( 2024/2/7:ITmedia Watch)

 Metaでは、「人間と人工的なコンテンツの違いが曖昧になっている」とし、人々が見ているフォトリアリスティックなコンテンツがAIを使って作成されたものと知る手助けとして、ラベル対応を推進。今後数カ月のうちに、InstagramやFacebookなどのアプリがサポートする全言語でラベルの適用を開始する。

ITの専門家がAI時代を生き抜くために必要なこと ( 2024/2/6:ZDNET)

 Tech Mahindraのエンタープライズテクノロジー担当プレジデントHarshul Asnani氏は、日常的な仕事にAIや機械学習が使われるようになったことで、「一部のIT関係のスキルはパラダイムシフトに直面している」と述べている。これには、これまで人間によって処理されていた反復的かつルールに従って行うあらゆる作業が含まれており、「簡単なデータ入力作業、標準的なアプリケーションの定型的なコーディングに加え、初歩的なデータ分析の一部でさえ、AIアルゴリズムによって自動化されつつある」とAsnani氏は言う。

AIがモデル・タレントとなる時代がくるのか! (2024/2/5:ASCII)

 AIタレントやAIモデルは、AI技術で生成した各ブランドの専属モデルで、ブランディングやプロモーションの最適化、ECサイトや店頭でのインタラクティブなショッピング体験や、顧客に合わせた無数のスタイリング提案、モデル撮影やささげ撮影におけるコスト削減とリードタイム短縮を実現するサービス。

Google マップ、LLMを使って行きたい場所をおすすめする新機能 (2024/2/5:impress Watch)

 目的の場所を言うと、LLMが2.5億以上の場所に関する詳細情報とコミュニティからの投稿をもとに、「どこに行くべきか」を提案してくれる。例えば、「サンフランシスコで、ヴィンテージの雰囲気が漂う場所」と入力すると、おすすめのスポットをマップ上で紹介し、写真や投稿などを確認できる。

「ChatGPT」のGPTって何?--OpenAI言語モデルの違いをまとめて知る (2024/2/3:ZDNET)

 GPTは、OpenAIによって開発された大規模言語モデルファミリーであり、深層学習を使用して、人間が話しているような会話のテキストを生成する。OpenAIのChatGPTの標準版は、「GPT-3.5」を利用してチャットボットを実現している。しかし、「ChatGPT Plus」では、OpenAIの言語モデルシステムのより高度なバージョンである「GPT-4」が使われている。OpenAI以外の企業が開発したほかのチャットボットでも、GPT LLMは使用されている。GPT-4を利用する「Microsoft Copilot」もその1つだ。

池上彰「AI時代に必要な真実を見抜く“読解力”」誤った情報に惑わされないために (2024/2/2:Voice)

 AIやChatGPTのことはよく分からないと思っている人でも、まず話しかけてみる。答えが返ってきたらそのまま信じるのではなくて、その答えについてさらに質問を重ねる、ということをやってみるんです。何か1つ聞いて答えが出てきたら、この部分の典拠(てんきょ) は何ですか、と問いただす。このやりとりを続けていくと、そのうち「すみません、分かりません」とか「間違えました」ってChatGPTが謝るんですよ。出された答えを鵜呑みにするんじゃなくて、この過程を経ることが大事なのかなと。

Googleの生成AI「Bard」に画像生成機能が追加 ~「Imagen 2」モデルを搭載 (2024/2/2:窓の杜)

 今回追加された画像生成機能は「Imagen 2」モデルを搭載しており、Googleによると「写実的なアウトプットが得意」とのこと。現時点では画像生成のためには英語でプロンプトを入力する必要がある。

「Googleマップ」、生成AIで好みに合う場所を提案する新機能を提供へ (2024/2/2:CNET JAPAN)

 この生成AI機能は、2億5000万件以上の場所に関する情報と3億人以上の投稿者からのレビューを分析して提案を生成できる大規模言語モデル(LLM)を搭載している。

2024年の生成AIはどうなる? サイバーエージェントなどIT企業4社の“本音” 「OpenAI強すぎる問題」に活路はあるか (2024/2/2:ITmedia NEWS)

 「OpenAIやGoogleの提供している強力なLLMは、テキストだけでなく画像や動画に対応するマルチモーダル化を進めている。音楽を作曲する生成AIもすでに実現している。生成AI全般のトレンドとして、24年には動画生成がより一般的になるのではないか」

生成AIと著作権、これから留意すべきことは? 日本弁理士会が論点整理 (2024/2/2:ASCII)

 「文化庁による素案を基にすると、生成AIによる著作物は創作過程がわからないかぎり、著作権が発生するかどうかが判断できない。また、生成AIによる創作物が、自身がまったく認識していなかった著作物の著作権を侵害してしまう場合がある」などと指摘した。

東京藝大の卒業展示に“AIアニメ” 一体なぜ? 制作者に話を聞いた (2024/2/1:ITmedia NEWS)

 制作したアニメ映像は、ある老人と花を巡るストーリーを描いており、動画尺は約8分30秒。映像の脚本部分はAIチャット「ChatGPT」(GPT-3.5)を使って制作し、それを元にキャラクターデザインや背景、コンセプトアートなどを画像生成AI「Midjourney」で作った。映像の絵コンテや登場キャラクターのアニメーション制作、背景の加筆などは人力で行ったという。

話題の「恋AIパン」の味は? 失恋味、やきもち味など全5種を食べてみた (2024/2/1:ASCII)

 あんぱんでおなじみの木村屋總本店(以下 木村屋)とNECがコラボした「恋AIパン」が話題になっています。なんと実際に“恋の味”をAI(人工知能)用いて食品化したもの。

お問い合わせ、ご意見

e-lesson振興協会(代表 中山静夫)
http://www.e-lesson1.com/

メールアドレス
sssnakayama@nifty.com